ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

ミナミヌマエビの飼育に適した水槽|60cm規格水槽

ミナミヌマエビの飼育を開始するにあたって、必ず必要になるのが水槽になります。

水槽がなければ、水生生物そのものを飼育する事ができませんから、必ず必要になりますので、一番最初に購入などをして入手しないといけません。

そこで問題になるのが、どのような水槽を購入すれば良いかになるのではないでしょうか?

スポンサードリンク


何しろ、初めてミナミヌマエビを飼育する人であれば、あまりに水槽の数が多すぎて、どの水槽を選んでいいか分からなくなるのは当然の結果でしょう。

そこで、ミナミヌマエビの飼育に最適な水槽についてご説明いたします。

 

室内でミナミヌマエビを飼育する場合に最適な水槽

 

室内にてミナミヌマエビを飼育する場合に、最も最適な水槽というのは、日本の住宅事情や運用コストを考えると、断然60cm規格サイズの水槽になります。

当然、3メートルなどの大きな水槽のほうが性能だけ見れば良いに決まっていますが、そのような水槽をミナミヌマエビのために購入して設置できるようなバブリーな家庭は、日本では殆どいないと思われます。

3メートルの水槽になると、設置するだけも普通のマンションでは断られる可能性がありますし、玄関から持ち込む事もできませんから、専用のクレーンで持ち上げないといけません。

また、濾過槽は当然オーバーフローになりますし、水道代や電気代など、それにかかる費用も膨大になります。

ただし、ミナミヌマエビにとっては、それ以上ない環境、自然を超えるような環境を用意できる事になりますので、数万匹単位で増殖する事になるでしょう。

 

60cm規格サイズの水槽が最も最適な理由

 

個人で扱える水槽というのは、水槽を設置している場所で良く見かける家庭用の水槽サイズ「60cm×30cm×36cm」である、規格サイズの60cm水槽な事が殆どです。

大きさ、価格、水量、扱いやすさ、周辺機器の豊富さなど、どれを取っても、60cm規格サイズの水槽に勝る水槽はありません。

 

初心者の方でしたら、最初は30cmのフチなしガラスキューブ水槽が良いのではないかと思うかもしれませんが、実際には30cmのキューブ水槽というのは、若干上級者向けの水槽になります。

30cmキューブ水槽になると、水の量が60cm規格水槽の半分以下しかありませんから、水質や水温も不安定になりますし、サイズも小さいため、レイアウトにも制限が出てきます。

 

ですから、ベテランの方向け、慣れている方向け、短期間の飼育で構わない方向けの水槽になりますので、初心者の方は手を出さない方が良いかと思います。

スポンサードリンク



初めて室内でミナミヌマエビの飼育を行う場合は、規格サイズの60cm水槽を購入する事をお勧めいたします。

 

屋外でミナミヌマエビを飼育する場合に最適な水槽

 

ミナミヌマエビの場合、屋外で飼育する水槽になると、正直言ってどのようなサイズの水槽でも構いません。

屋外水槽で必要な条件は、一定以上の水をためる事ができる容器である事です。

ガラス水槽などは、屋外に置いておくと紫外線でダメージを受けてしまうと言われていますが、私は5年以上その状態で使っていますけど、特に問題は出ていません。

また、屋外での飼育になると、ガラス水槽、アクリル水槽ではなくて、発泡スチロールを水槽として使った方が、圧倒的に利便性が良くなります。

ミナミヌマエビの飼育をする屋外水槽は発泡スチロールであると覚えておくと便利です。

発泡スチロールの場合は、サイズを自分で決めるのではなくて、事前に決まっているサイズの発泡スチロールをどこかでもらってきて、それを設置することになります。

その場合は、なるべく大きい発泡スチロールを入手しておくと色々と便利です。

最近では、その扱いやすさから、屋外飼育用の発泡スチロール水槽自体が商品化されて販売されています。

 

発泡スチロールの水槽は、とても頑丈で保温性もあり、水を入れたまま移動させることができますから、屋外での水槽としては本当に便利です。

ガラス水槽などでしたら、水を入れたまま移動させること自体ができませんからね

 

極端な例でいれば、マグロ用の発泡スチロールであれば、人間サイズでさえその中に入りますし、保温性も抜群で相当頑丈ですから、最も高い性能の屋外水槽になります。

 

屋外水槽としては最も適した水槽になりますが、サイズが大きすぎるため、普通の家庭のベランダでしたら、置けない場合もあり、あまり使い勝手は良くありません。

 

室内なら60cm規格水槽、屋外なら発泡スチロール

 

ミナミヌマエビの飼育をする場合、室内での飼育の場合は60cm規格水槽、屋外の場合は大きめの発泡スチロールが最適であると覚えておくと便利です。

発泡スチロールに関しては、お近くのスーパーに行けば無料でもらえますので、スーパーに行って相談をしてみてください。

ただし、穴の空いているもの、素材が薄めのものはだめで、大きめで厚みのある発泡スチロールを入手するようにしてください。

一般的に、青果関係の発泡スチロールは耐久性も低く薄めですが、鮮魚関係の発泡スチロールは大変強靭で厚みがある仕様になっていることが殆どです。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme