ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

ミナミヌマエビの飼育に上部ろ過フィルターは最適?

ミナミヌマエビの飼育を室内で、安定して始めようと思った場合で、全く水槽を購入したことのない方であれば、60cm規格サイズの水槽セットを購入されるのではないでしょうか?

水槽=60cm規格サイズと認識している方は案外多いものです。

ホームセンターなどでも、60cm規格サイズの水槽セットは、安くて大量に売れていて、日本中どこでも入手が可能ですから、多くの人が目にして購入される水槽セットです。

スポンサードリンク


また、60cm規格水槽セットであれば、水槽内に体が収まる魚やエビであれば、水温管理さえしておけば、殆どの生態を海水、淡水問わずに飼育することが可能です。

デンキナマズやレッドレールキャットであっても、小さい頃であれば、単独飼育限定で飼育することもできますが、20cmを超えるサイズになると、ガラスを割る恐れがあるため、アクリルの90cm以上の水槽が必要になります。

ベテランの人であれば、単品で水槽、ろ過、照明などを買い揃えることが多く、水槽セット自体を購入することはあまりありませんから、ほぼ初心者向けの全部入りセットと思って良いでしょう。

 

価格も安くて、室内飼育もできて、日本の住宅事情にマッチしている60cm規格水槽なのですが、ミナミヌマエビの飼育にはどうなのでしょうか?

 

ミナミヌマエビの飼育にも快適な60cm規格水槽セット

 

60cm規格水槽のセットであれば、適切な水量の水槽、水草にも対応した照明器具、1リットルのろ材付きろ過装置などが全て揃っているため、当然ミナミヌマエビの飼育も安定して行うことができますし、何も困ることはありません。

ただ、一般的な60cm規格水槽の場合は、ろ過装置が上部ろ過に設定されていることが多く、そちらで問題が発生することがありますので、注意が必要です。

 

一般的に、上部ろ過というのは、ろ過機能も強くて、扱いも設置も簡単であり、メンテナンスも容易なため、より幅広い範囲で使われている水槽用のろ過装置になります。

上部ろ過が60cm規格水槽セットに標準で設定されているのは、そういった初心者向けであり、価格も安いのにろ過能力が高いと言った特徴もあるからです。

水の管理がミナミヌマエビよりもはるかに難しい、インペリアルゼブラプレコの繁殖用水槽ですら、60cm規格水槽を4本位用意しておけば、普通に飼育繁殖が行えるくらいです。

インペリアルゼブラプレコですら対応できるろ過能力がある、60cm水槽セットの上部ろ過なのですが、なぜミナミヌマエビの飼育で不具合が出ることがあるのでしょうか?

スポンサードリンク



 

上部ろ過は水流が強くて、それを調整できない事が殆ど。

 

実は、上部ろ過装置の「ろ過能力」に問題があり、ミナミヌマエビの飼育にトラブルが発生する場合があるのではなくて、上部ろ過を稼働させた場合の水流に問題があるのです。

基本的に、上部ろ過というのは、水流がどうしても強くなる傾向があり、もともと、水流を弱くするための、L時型の排水パーツも最初から用意されていますが、それを使っても水流はかなり強いのです。

インペリアルゼブラプレコなどは、強い水流を好む魚ですから、水流が強くて困る事はありませんし、一般的な大きさの魚であっても、60cm水槽の上部ろ過程度の水流では困る事はりません。

ただし、体が3cm前後以下と大変小さい生態の場合は、それが原因で影響が出る事があります。

そのため、ミナミヌマエビのように、水流があまり得意でない小さなエビの場合は、常に水の中を掻き回されている状態になってしまって、体力を消耗してストレスを受けてしまう状態になります。

これは、ミナミヌマエビよりも、メダカの方が顕著に影響が出る場合が多く、60cm規格水槽セットにメダカを投入して、水あわせも完璧に行っているのに、なぜかしばらくするとメダカが死んでいく原因こそが、水流になるわけですね。

流木とか、石などを水槽内に設置して、水流を防ぐようなレイアウトにしても、根本的な原因解決にはならずに、結局、ろ過装置を変更しない限りは、ミナミヌマエビの長期的な飼育には問題が出る場合があるのです。

個体や飼育環境によっては、すぐに問題が出ない場合もあるかと思いますが、長期的な飼育を考えた場合は、やはり個体に負担がかかってしまっているため、それほど期待する事はできないでしょう。

60cm規格水槽セットでミナミヌマエビを飼育する際には、水流の問題がありますので、それを考えると、外部ろ過装置がセットになっている60cm水槽規格水槽を購入した方が良いかと思われます。

 

ただし、初心者の方の場合は、エーハイム2213などの外部ろ過装置になると、自分でホースを切ったり、パイプの取り回しを行ったり、呼び水を行ったり、設置場所の確保をしたりなど、若干扱いや設定が難しい場合が多く、初期導入時の負担は増えてしまいます。

ですから、最初は面倒である場合などは、一般的な上部ろ過装置が設定されている、60cm規格水槽セットを購入しておき、それで問題が出るような場合は、外部ろ過装置に切り替えるようなスタンスでも良いかもしれません。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme