気温は40度超え?暑すぎで水槽クーラー必須時代

本日の日本の最高気温は、静岡県で40度を超えたそうです。まだ、七夕の時期なんですけど、最近は本当に暑くなりました。これから暫くは最高気温が35度を超える日が当たり前になるらしく、熱中症で倒れて救急車で病院に運ばれる人も増えています。

これほど気温が高くなり暑くなると、問題になるのは人間だけではなく、室内に設置している水槽の水温管理になります。人が建物内にいる場合は、エアコンなどで室温管理をしているから良いものの、人がいない場合は空調を停止するのが普通ですからね。

その結果、人がいない場合は窓やドアをすべて閉めた状態で空調も停止している為、室内の気温は物凄く高くなる為、当然ながら水槽も巨大な水槽でも無い限り、室温に合わせて水温が上昇していき、水温が40度を超えてしまうような状態になる訳です。

created by Rinker
¥300 (2024/07/17 17:33:49時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

気温は40度超え?暑すぎで水槽クーラー必須時代。

 

流石に水温が40度を超えてしまうと、熱帯魚ですら生存の危機が発生してしまいますし、エビに関しては高温にある程度耐えれるミナミヌマエビですら、茹で上がって死んでしまいます。日淡の魚に関しても、この水温になると通常管理が難しくなります。

そこで、活躍するというか、必須になってくるのが水槽クーラーになる訳ですね。水槽クーラーは水槽の水温を下がることが出来ますので、暑い夏場でも水槽内の水温を適切に保つことが出来ます。それにより、気温が40度を超えても、安心して飼育も可能。

ただし、水槽クーラーが稼働すると熱交換の仕組みにより、暑い排気が室内に出され続けますので、室温はより高くなる傾向があります。24時間エアコンで室温管理出来る環境であれば、それが理想なんですけど、そこまで出来る人はあまりいませんからね。

created by Rinker
¥900 (2024/07/17 20:43:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

部屋ごと24時間空調管理すれば一番効率はよいの?

 

都内にはラ・トゥール代官山という、超高級マンションがあるのですが、壁がとても厚くて建物の性能も良いため、こういうマンションでしたら24時間空調管理を行っている人も多く、保温性能もよい為、電気代も最高効率で24時間空調管理も可能です。

しかし、一般的な一戸建ての場合、どうしても保温性能が低くなりますし、建物全体で太陽の光を受ける状態になる物件も多く、夏場になると人が留守の場合はエアコンは停止させて部屋も締め切っている家庭が多く、その際の室温はとても高くなります。

電気代については、エアコンの性能、建物の保温性能などにより全然変わってきますので、一旦、24時間空調管理を行う場合、どれくらいの電気代になるか?最寄りの電力会社や詳しい人に相談をしても良いかもしれません。最適解は24時間空調管理です。

created by Rinker
新評論
¥2,640 (2024/07/17 17:33:50時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

水槽クーラーも毎年値上げで水槽管理が苦しい時代に?

 

水槽クーラーも数年前までは、一般的な60cm水槽用のゼンスイZc100の場合、セール時には3万円以下で普通に購入できていたのですが、最近では、5万円前後の価格帯になっています。正直、一般向けの6畳用の室内用のエアコンが購入できる価格です。

ですから、複数の水槽を室内に設置していて、部屋全体をエアコンで空調管理していない環境の場合、水槽1本に対して、水槽クーラーが1台必要になってしまいますので、60cm水槽が4本ある場合、4台のZc100を購入すると20万円前後の予算が必要です。

更には電気代も物凄く高くなってきていて、以前だったら夏場に水槽クーラーZc100がフル稼働した場合でも、1000円から1500円前後の電気代で済んでいた環境でも、現在の電気代になると3000円前後になることもありますので、本当に厳しい時代です。

水槽クーラーが高すぎて購入できないし、無理して購入しても電気代が高すぎて管理が難しいなど・・・。更には増税メガネの増税により、手取りが減っていたり、そもそも会社をリストラされてしまうなど、本当に厳しい時代になってしまいました。

created by Rinker
ゼンスイ
¥47,600 (2024/07/17 17:53:17時点 Amazon調べ-詳細)