ダイソーのバケツ水槽に最適なろ過装置?水作エイト

現在、かなり広めのベランダの水槽を全て撤去して、その中で飼育していたメダカ、エビ等を全てダイソーで100円で購入したバケツに避難させて、室内で臨時的な飼育管理を行っています。水草も全てダイソーのバケツに移動させていて、現在でも元気です。

この際の問題は、ダイソーのバケツを室内に持ち込んだ場合、太陽の光による自然環境の構築、微生物等の自然発生などの放置で水槽を管理できる環境が次第に無くなっていき、短期なら良いのですけど、長期間に渡って室内にバケツを移動させるとどうなる?

太陽の光による自然の濾過機能がなくなり、微生物も自然発生しなくなり、水草も光合成できなくなって枯れていきますので、真っ先に30cm水槽用のLED照明をダイソーのバケツに取り付けて、これで光源を確保して管理します。残るはろ過フィルターです。

スポンサードリンク


created by Rinker
charm(チャーム)
¥1,190 (2024/05/20 23:21:31時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

ダイソーのバケツ水槽に最適なろ過装置?水作エイト。

 

数日程度なら、バケツにろ過フィルターをセットする必要はありませんが、2週間、1ヶ月以上となると、流石にろ過フィルターによる水質管理が必要になります。ここである問題が発生するのですが、ダイソーのバケツに取付可能なろ過フィルターはあるの?

ダイソーのバケツに限らずどの様な水槽でも簡単にセットできるろ過フィルターの代表格が、昭和の時代からのベストセラーである水作エイトがお勧めです。というより、水作エイト以外の選択肢はないのが現状です。類似品のロカボーイってのもあります。

ロカボーイよりも水作エイトの方が有名ですし、水作エイトを含めたロカボーイの事をブクブクっ言っている人もいるくらいなので、知名度で言えばブクブクって名称のほうが一般的な日本人には認知しやすいかもしれませんね。水作エイトを1個投入します。

スポンサードリンク



created by Rinker
水作
¥424 (2024/05/21 20:20:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

ダイソーのバケツ水槽の濾過は水作エイトで大丈夫?

 

何故?ダイソーのバケツにいつもお勧めしているエーハイム2213を取り付けないのか?って疑問を持つ人もいるかも知れませんが、残念ながらダイソーのバケツにエーハイム2213を取り付けるのは不可能です。これは水槽のセット位置や形状の問題です。

無理やり自作でパイプなどを制作して、バケツ用の水槽台を自作すれば、ダイソーのバケツにエーハイム2213を取り付けることも不可能ではありませんが、その様な労力をかけずとも水作エイトを1個用意して、エアーポンプを取り付けて投げ込むだけでOK。

ダイソーのバケツにつき、水作エイト1個で問題なく、サイズもS、Mのどちらでも構いません。エアーポンプも水作の水心が1個あれば、分岐用の危惧をチューブに取り付ければ、1台の水心のエアーポンプで10個位のダイソーのバケツにエアーを送れます。

 

 

1ヶ月から2ヶ月位ならダイソーのバケツでも大丈夫。

 

台風や寒波による大雪など、屋外の水槽が致命的なダメージを受ける可能性がある場合、マンションや一軒家などの住宅の大規模な外装工事を行う場合など、物理的にベランダや庭で水槽を管理できなくなる場合、100円+消費税のダイソーのバケツでOK。

後は、LED照明、水作エイト、エアレーション用の水心等があればよく、コストもそれど必要ありませんが、バケツを設置する場所は必要になります。ダイソーのバケツが10個、20個になるとそれなりの場所を専有しますし、廊下に置くとぶつかったりも?

ただし、ダイソーのバケツはあくまで一時的な避難場所としての管理であり、半年とか1年間等、長期にわたって室内のバケツで魚、エビなどを管理しないといけない場合は、流石に水槽を新しく用意して、完全な室内管理にするのがお勧めですね。



スポンサードリンク