エビの飼育に最適なマンションの秘密|渋谷区南平台の某物件

エビの飼育をするにあたっては、殆どの人は60cm水槽等を購入して、その水槽を玄関やリビングなどに設置して、そこでエビを飼育しているのではないでしょうか?

ここでいう、エビというのはレッドビーシュリンプ、ミナミヌマエビ、スジエビ、ヤマトヌマエビなどの淡水のエビのことです。

また、屋外に睡蓮鉢や発泡スチロールを用意して、その中で白メダカを飼育しながら、同じ環境でミナミヌマエビも合わせて飼育している方も多いことでしょう。

スポンサードリンク


余裕のある人であれば、庭などに池を作ってその中でエビを飼育している人もいるかもしれませんが、それらは単独飼育などではなくて、錦鯉がメインの飼育でありついでにエビも飼っているような感じのはずです。

マンション、一戸建てを問わずに、殆どの人が室内水槽でミナミヌマエビを飼育していて、それはメダカであっても、アロワナであっても同じことであり、室内観賞用として魚やエビを飼育している訳なのです。

その際に、飼育に最適な物件があるのかといえば、一般的な飼育レベルであれば、それほど差はありませんから、それについては人それぞれになるのですが、その中でも特別飼育に最適な物件というのが少なからず存在します。

created by Rinker
emuwai
¥1,490 (2024/05/26 06:02:43時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

エビの単独飼育が屋外では難しい理由とは?

 

エビの飼育に最適な物件とはどのような物件になるかといえば、単独飼育の場合は室内飼育になるため、どうしても室内のスペースが広いことが重要になってきます。

レッドビーシュリンプなどの飼育をされている方であれば、専用の空調管理された専用の飼育部屋を持っている人もいらっしゃいますが、ミナミヌマエビの飼育専用の部屋を持っている方はあまりいないようです。

基本的に、ミナミヌマエビであれば屋外飼育で単独飼育をしていれば爆発的にその個体数が増えるため、その方法が一番最適に思えるかもしれませんが、その飼育方法ではボウフラも大量に発生するため、ご近所様の大迷惑になってしまいます。

特定の家やマンションの部屋が原因になって、ボウフラが大発生してしまっていると必ず苦情が届くことになりますし、ボウフラ対策をしたとしても、その後は屋外で飼育をしているだけで苦情の対象になってしまうのです。

エビの屋外飼育をする場合は、ボウフラを食べるメダカを必ず入れておかないと、蚊の問題で悩まされることになりますが、メダカがいるとボウフラだけではなくてエビの稚エビも食べてしまうので、爆発的には増えてくれません。

また、屋外飼育では日本の暑い夏場を生きれないレッドビーシュリンプのようなエビもいますし、冬場になると室内でヒーターを入れていない水槽では、エビは繁殖をしてくれません。

それを考えると、エビを単独飼育で誰にも迷惑をかけずに大量に増やす手段としては、室内飼育をしないといけないという答えになります。

 

 

エビの飼育に最適な物件の条件とは?

 

ボウフラが大量に発生しても完全に無視ができるのであれば、屋外に大量に発泡スチロールを設置して、その中にマツモとエビを放り込んでいれば勝手に増えるのですが、そのような方法で飼育できる人は余程周囲に人がいないような場所の人位です。

シンガポールでそのような飼育をしていたら、警察に摘発されてしまう位の事をやってしまっている訳ですから、他人に迷惑をかけてまでエビを飼育したいのであれば、人里離れた山の中に住んだ方良いですね。

そんな感じですから、エビの飼育に最適な場所というのは、室内環境に設置された水槽であり、その水槽の中で増やしたいエビの単独飼育をしていると、最も効率良く誰にも迷惑をかけずにエビの個体数を増やす事ができるのです。

よって、最もエビの飼育に適した物件というのは室内のスペースが広い物件であるという事になりますが、当然水回りも効率よく良く扱える場所である必要があります。

スポンサードリンク



また、案外忘れられているのですが、レッドビーシュリンプ以上の飼育が難しい「ホワイトグローブ・シュリンプ」のようなエビの場合は水温の管理も重要になってくる為、24時間空調施設が整っている物件が好ましい事になります。

24時間空調管理をして広い部屋である場合は、相当な電気代が必要になる事や大量に水槽を並べている場合は、もしもの時の水漏れが発生した場合は、タワーマンションの最上階でしたら相当な迷惑を他の居住者の方にかけてしまう事にもなります。

金額的な問題でしたら保険で全て対応は可能ですが、あまりに巨大な水槽を大量に並べていて、それらが一斉に破損した場合は、その迷惑をかける度合いも半端ではない為、出来れば事前に避けておいた方が良いのです。

【淡水エビ】 スノーホワイトシュリンプ ■サイズ:1.5cm± (10匹)
増子水景

 

 

エビの飼育に最適なマンションはパークハウス南平台コートレジデンス

 

知らない人も多いかもしれませんが、渋谷区南平台という場所は、都内でも屈指の高級住宅街であり、歩いて周辺を回ってみると、如何にも高額そうなマンションばかりが並んでいますし、実際にどれも億単位の物件ばかりになります。

そのような場所に、ひっそりとあるのが「パークハウス南平台コートレジデンス」というマンションであり、このとある部屋がエビの飼育に最適なマンションとして堂々と君臨している訳なんですね。

渋谷駅から徒歩で15分くらいの場所ですから、立地に関しても申し分ありません。

「パークハウス南平台コートレジデンス」の何がそんなにエビの飼育に最適なのかと言えば、エビの飼育に最適な環境を全て兼ね備えたマンションであり、他ではない作りになっているからです。

その秘密は100平米を超える、天井の高さが6メートル以上の地下室が付いている事であり、地下室ですから、照明の管理も徹底できて、エアコンでの空調管理をした際の温度の変化も少ないですし、電気代の節約にも向いています。

当然ですが、エビの単独をしてもボウフラが発生することはありませんし、空調管理をしている地下室でしたら、レッドビーシュリンプの放置飼育も問題ありません。

また、トイレ用の配管も用意されている為、恐らくは垂れ流しの水槽管理システムでも問題なく設置できる可能性があり、大量の巨大な水槽を並べていて、もしもそれらが破損した際でも、地下室なので他の人に迷惑をかける事がほとんどありません。

created by Rinker
テトラ (Tetra)
¥1,500 (2024/05/26 02:41:05時点 Amazon調べ-詳細)

天井の高さが6メートルもあれば、沢山水槽を並べますし、100平米を超える広さの地下室が付いている物件はそうそうありませんから、エビの飼育をしたいのであれば、まさに最適なマンションであると言えるでしょう。

※地下室の上下水道、エアコンについては管理会社に確認する必要があります。

ただし、そのネックは、2億円前後の販売価格であり、この金額を現金一括で払える人保殆どいないと思いますから、エビの飼育を快適にしたいのであれば、お金を沢山稼がないといけないようです。

山奥で飼育するのであれば、似たような設備をもっと割安で用意できるのかもしれませんが、東京のど真ん中でこのような環境が用意できると、それは便利だと思います。

興味がありましたら、「パークハウス南平台コートレジデンス」の購入を検討してみると良いかもしれません。多分、最高の環境でエビの飼育ができるでしょう。

 

以下、パークハウス南平台コートレジデンスの地下室の詳細

 

リハウスさんのサイトより引用

http://www.rehouse.co.jp/mansion/bkdetail/FW9S2A10/

 

ABF14W90206_1502161946



スポンサードリンク