ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

ミナミヌマエビが原因不明で死んでしまう場合の対処法|流木活用

室内水槽で飼育しているミナミヌマエビで見られる特有のトラブルとしては、水槽に投入した際は元気だったミナミヌマエビがなぜか次々に死んでしまうといった状況になる場合があります。

他の魚やエビは元気なのに、ミナミヌマエビだけ死んでしまう場合は、殆どの場合が水あわせに失敗していて、初期導入時の基本的な手順を誤ってしまったケースですから、スドーのサテライトを使って慎重に水合わせをしておけば問題ありません。

ミナミヌマエビそのものは大変丈夫なエビであり、ドブのような環境でも普通に飼育繁殖できるくらいのポテンシャルはありますが、急激に水質や水温が変化した場合は耐えれませんので、水合わせは慎重にしてみてください。

スポンサードリンク


 

 

水合わせも成功しているミナミヌマエビがなぜか次々と死んでいく

 

初期導入時に水合わせに失敗していた場合は、大抵2週間くらいでそのミナミヌマエビは全滅しますし、メダカであっても全く同じで、最初は元気に泳いで餌を食べていたと思っていたら、あっという間に全滅する事もあります。

しかし、水合わせも問題なく行っていて、餌も順調に食べているのになぜかミナミヌマエビだけが次々と死んでしまう場合があります。

例えば、安定している水槽であっても、餌のやり過ぎを繰り返していた場合は、水槽内の生体全てに影響が出ますから、ミナミヌマエビだけが死んでしまう事はありませんし、ミナミヌマエビよりも魚の方が先にダメージを受ける事が多いのではないでしょうか?

また、病気やウイルスのようなものが水槽内に蔓延している可能性もあるかもしれませんが、魚と違って殻に覆われたエビには白点病などの症状は出ませんし、エビ特有の病気といったものも殆ど見る事はありません。

水合わせにも成功していて、餌のやり過ぎでもなく、なぜかミナミヌマエビが死んでいく際の原因については、喧嘩や縄張り争いもしない温和なミナミヌマエビですから、そちらが要因になる事もないので、正直ってよくわからない場合があります。

 

 

安定していたミナミヌマエビが原因不明で死に始めた際の対処方法

 

なんだかよく分からないけど、ミナミヌマエビだけが死に始めた場合の対処方法としては、水槽の中に流木を沢山入れると、なぜか死ににくくなる場合があります。

スポンサードリンク



この場合は細めの流木を沢山入れた方が効果が出ますから、ミナミヌマエビが原因不明で死んでしまう場合の原因としては、もしかするとストレスなども関係しているのかもしれません。

強めの照明を長時間照射しているとか、水流が強すぎるとか、水深が深すぎるとか、同居している魚が動きまくって、行動が制限されているとか、水槽ごとに環境が全く違う為、流木を沢山入れると絶対に安定するとは断言できません。

しかし、流木を大量に水槽に入れる事によりミナミヌマエビの足場と隠れ家が水槽内に沢山出来て、何かしらの断続したストレスから解放されるような気はしますし、実際そうする事により、ミナミヌマエビが死んでいくのが止まるのは確認しています。

 

 

ミナミヌマエビもストレスを感じるのか?

 

正直って、ミナミヌマエビがストレスを感じる事ができるのかについては、よく分かりませんし、実験のしようがないのですが、生き物ですからなんらかのストレスを感じるのではないでしょうか?

例えば、本来の環境とは異なる水槽内の飼育環境において、常にストレスを感じているのであれば、いくらエビだといっても、何かしらの悪影響が体に出てくるかもしれませんし、それが蓄積されて死んでしまう可能性もゼロではありません。

ミナミヌマエビ自体が、とても弱くて温和なエビですから、水槽内に他の生き物がいれば必ず序列が最下位になってしまって、最悪はそのまま餌になってしまうようなエビです。

仮に水槽内はミナミヌマエビの単独飼育であっても、あまりに数が多すぎる場合などは、足場すらなくて、それがストレスになってしまうかもしれません。

屋外水槽の飼育では殆ど見られない原因不明のトラブルですし、同じ水を使っている屋外水槽で元気に育っているミナミヌマエビを室内水槽に移動させた場合にも発生するトラブルですから、やはり、室内水槽特有のストレスがあるのかもしれません。

ミナミヌマエビを飼育する際には、細めの流木を大量に入れておけば、ストレスを感じることなく、原因不明で次々と死んでいく状態からも解放される場合がありますので、なるべく流木は多めに入れておいたほうが良いかもしれません。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme