ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

ベランダに集まる迷惑なスズメ対策にフクロウを飼育?

ベランダとか庭に水槽を沢山設置していると、殆どの場合で問題になるのが野鳥が頻繁に集まるたまり場になってしまうという問題であり、野鳥は鳥ですから猫やイタチなどとは異なり、どのような高い場所や閉鎖的な場所でも空間があれば侵入してきます。

それで、以前、大量の鳩が屋外の水槽に集まって頻繁にダイブをしてメダカを殺してしまったり、ベランダに大量の鳩が集まってたまり場になってしまって不気味であったり、その際に落とされる大量のフンの問題などが発生して、水槽が水場になりました。

タワーマンションの場合、どこかの部屋の住民がベランダで鳩の餌付けなどを平気でやっている人がいて、大量の鳩を呼び寄せていた訳なんですけど、その際にベランダに沢山の水槽がある部屋を鳩が見つけたら、たまり場になってしまい大変な事になります。

スポンサードリンク


 

 

ベランダに集まる迷惑なスズメ対策にフクロウを飼育?

 

それで、鳩が大量に集まって水槽を荒らしてしまい、メダカたちがショック死をしたり、鳩のたまり場になって困っていたので、ダイソーでビックリスネークって商品名の蛇の人形を購入して設置してみたら、鳩が全く近寄らなくなったので大成功でした。

しかし、その後、鳩が来なくなったものの、大量のスズメが集まるようになってしまい、スズメの場合はどうやらビックリスネークを見ても全く怖がらないようで、水槽に50羽くらいのスズメが集まるようになり大量のフンをするようになって困ってます。

なので、対策として猛禽類であるフクロウの飼育でも初めてみようかな?、と思って調べてみたんですけど、フクロウの飼育って生半可な決意では出来ないらしく、アクアリウムで言えば、アジアアロワナを飼育するくらいのコストと覚悟が必要なようです。

 

 

ベランダに大量に集まるスズメはどうすれば撃退出来るか?

 

軽い気持ちでフクロウを飼育しておけば、ベランダ付近にフクロウの羽とか落ちていたり、匂いのようなものがあればスズメは近寄らないのでは?と思ったりしたんですが、フクロウの飼育はとても大変なようなので、どうやって忌々しいスズメを駆除するか?

スポンサードリンク



スズメは法律で勝手に捕獲してはいけないようになっているので、トリモチなどで駆除をすることもできず、マンションでは猫や犬の飼育もできませんし、猛禽類の飼育も難しいとなると、一体どうしたら?と思っていたら、小菅のアレを思い出しました。

小菅のアレというのは、山梨県の小菅村にある結構有名な管理釣り場のことで、山奥にある大きな管理池があるのですが、そこにいるニジマスやトラウトが野鳥に襲われてしまうのを防ぐために、池の中央に巨大な猛禽類の人形を設置して対策をしています。

 

 

Amazonでフクロウの人形が売っているので検討中?

 

ネットでいろいろと調べていたら、どうやら同じようにベランダに大量にやってくるスズメの問題で悩んでいる人は多いようで、そういった人向けに猛禽類であるフクロウの人形が売られていて、その人形をベランダに設置したらスズメの対策が出来るらしい。

価格も2000円ほどなのでそれほど高いものではありませんから、一度、購入してみても良いかな?と思うんですが、これが実家とかでしたら庭に犬とか猫でも飼っていれば、まずスズメや鳩は近寄って来ませんから簡単に撃退が出来るのでしょうけどね。

ベランダにスズメがやってくるきっかけは色々とあるのですが、大量の水槽をベランダンに設置していると、一匹のスズメがそれを見つけ次第、大群を引き連れて集まるようになり、集まるだけなまだ良いのですが、大量のフンをするので本当に迷惑です。

以前悩まされた鳩については、ダイソーのビックリスネークで簡単に撃退ができたんですけど、スズメについては本当にしつこいので、Amazonのフクロウの人形が効果があるならこれで対策をしてみたいと思っていますから、状況次第では一度購入します。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme