ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

黒メダカと白メダカの稚魚の簡単な見分け方|ヒメダカもOK

ミナミヌマエビと大変相性の良いメダカの飼育をしている人、何かのきっかけで興味を持って、これからメダカの飼育を始める人もそれなりにいらっしゃると思います。

メダカに関しては、近年ちょっとしたブームになっていますので、それなりに需要が増えてきているようで、専門の飼育器具などもちらほら見られるようになりました。

 

 

ミナミヌマエビに関しては、未だにマイナーと言える状態です。

スポンサードリンク


 

メダカと相性が良いだけではなくて、新規で水槽を立ち上げる際のパイロットフィッシュのサポート的な役割であったり、初心者の方がやってしまう餌のやり過ぎから水質悪化を防ぐ効果もありまあすから、ミナミヌマエビをもっと知って欲しいところです。

少しづつで良いので、単なるコケ取り要員としてでの使い捨ての扱いではなくて、ミナミヌマエビそのものの水槽飼育もメダカのように世間に広まっていくと嬉しいところですね。

いかんせん、ミナミヌマエビの場合はレッドビーシュリンプのように特殊な綺麗な色をしている訳でもありませんし、選別をする事によって特殊な模様の個体が出てくる訳でもありません。

せいぜい、赤いミナミヌマエビ、青いミナミヌマエビ、黄色いミナミヌマエビといった感じで、色全体がちょっと変わっている程度の選別しかできません。

また、ミナミヌマエビを飼育する人はノーマル形状を好む傾向がありますから、金魚みたいなミナミヌマエビだとちょっとイマイチかもしれませんが、メダカの場合は色が違うことが最大の飼育要因になっているようです。

 

 

白メダカ、黒メダカ、ヒメダカの稚魚を判別できるのか?

 

そんな、ミナミヌマエビを水槽に入れておくと、餌を大量に与えて汚れ気味になるメダカの稚魚の水槽も安心といったところなのですが、メダカの稚魚の判別はどうなのでしょうか?

ヒメダカ、白メダカ、黒メダカ、青メダカ、いろいろとメダカには名称がつけられてペットショップなどで販売されていますが、それらは全て同じメダカになります。

元々は黒メダカが野生のメダカであり、それから生まれた色の異なるメダカを固定して、ヒメダカ、白メダカといった名称で呼ぶようになっただけの話です。

スポンサードリンク



ですから、当然、同じ水槽にヒメダカ、白メダカ、黒メダカなどのメダカを複数飼育していると、色の異なるメダカの雄と雌が卵を産んで、それから生まれてくる稚魚にも親と同じ色が一定の確率で、雄の色、雌の色、雄と雌の色の中間などで受け継がれてるのです。

卵の段階では、そのメダカの卵の色を判別して、黒メダカなのか、白メダカなのかを判別することは肉眼では殆ど不可能だと思いますが、卵から孵化した後なら容易に判断することができます。

どのように判断をするのかといえば、単純に上から眺めるだけで、白っぽいメダカの稚魚、黒っぽいメダカの稚魚、黄色っぽいメダカの稚魚といった感じで、体は小さくでもすでに親と同じ色をしています。

メダカの稚魚を上から眺めても色の判断ができない人の場合は、一匹の稚魚だけで見るから判断できない可能性がありますので、まとめて複数の稚魚を同じ入れ物などに移して、明るい場所で見てみてください。

それでも判断できない場合は、ダイソーで100円で売っているLEDのライトを上から照らしてみれば、色の反射でよりわかりやすくなるかと思います。

 

 

スドーのサテライトを使ってメダカの稚魚の色を判別する

 

上から見ただけでは何度見てもやはり稚魚の色の違いが分からない方の場合は、スドーのサテライトを使って、その中に全てのメダカの稚魚を移して確認するとよくわかりやすくなります。

メダカの稚魚を移す際にはそっと移さないとショック死してしまう場合がありますので、ダイソーでコップを買ってきて、それ使って稚魚を移し替えても良いですし、スポイトを使っても大丈夫です。

通常、水槽というのは上からとか横から鑑賞するものであり、下から魚を見ることはできないのですが、スドーのサテライトを使えばそれが出来るという訳ですね。

水槽の縁にサテライトを引っ掛けて、水槽の照明が点灯している状態でしたら、サテライトの中身も明るく照らされている状態ですから、上から、横から、下から、いろいろな角度からメダカの稚魚を同時に確認すると、色の違いがよくわかります。

メダカの形状ま、稚魚であってもどれも全く同じですから、判別する場合は色の違いでしか白メダカ、ヒメダカ、黒メダカの違いを見ないといけませんので、この方法でも難しければ、しばらく飼育をしてみて、稚魚がもう少し大きくなってから再度判別をしても良いかもしれません。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme