ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

サテライトで使えるお勧めのろ材はなんですか?リングろ材?

スドーが発売している小型のサブ水槽、サテライトについての質問を頂いたのですが、サテライトでつ帰りお勧めのろ材を教えてほしいとのことだったんですけど、サテライトはろ過フィルターではありませんので、お勧めのろ材というものは正直ありません。

ネットなどで検索をすると、サテライトにリングろ材やエーハイメック等を詰め込んで、ろ過フィルターのように使っている人が結構いるので、サテライトがろ過フィルターとして使えるのでは?と思っている人もいるのですが、あくまでサブ水槽です。

ですから、サテライトで使えるお勧めのろ材はなんですか?、と質問された場合、サテライトは小型水槽なのでろ過フィルターとして使うものではないし、仮に無理やりろ材を詰め込んでも、水流の関係でろ過フィルターとしては殆ど機能しないのが答えです。

スポンサードリンク


 

 

サテライトで使えるお勧めのろ材はなんですか?リングろ材?

 

サテライトは安いものではありませんし、濾材も安くありませんので、その形状や水流の関係でマトモなろ過フィルターと機能しないサテライトを購入するくらいなら、テトラのスポンジフィルターを購入したほうがシンプルで濾過能力も遥かに高いのです。

ですから、サテライトをろ過フィルターと使用して全く機能しないのか?といえば、確かにリングろ材を詰め込んで最大のエアーを送り水流を強くすれば、多少なりともバクテリアがろ材に付着してある程度はろ過フィルターとして利用できるのも事実です。

しかし、サテライトは場所もとりますし、セットで購入すると価格も安くありませんから、ろ過フィルターとして使うものではないので、もし、ろ過フィルターとしてサテライトを使うのであれば、完全に趣味の世界とか自己満足の世界になるという訳ですね。

しいて言うのであれば、サテライトを無理やりろ過フィルターとして改造して楽しみたい場合、リングろ材を敷き詰めて、水作の水心のパワーを最大にして大量のエアレーションを流し込めば、気持ち程度の性能は発揮しますので、リングろ材の使用がお勧め。

スポンサードリンク



 

 

サテライトはろ過フィルターとしてではなくサブ水槽として使う。

 

サテライトをなんとしてもろ過フィルターとして使いたいなら、個人的にリングろ材などを詰めて使うのは個人の自由なんですけど、サテライトは水槽に何個も取り付けれるものではなく、本来は限られたスペースを有効利用する画期的なサブ水槽になります。

また、メダカの稚魚とかエビなどを隔離して、本水槽の魚に捕食されないようにする貴重なスペースになりますので、それをわざわざ機能的には全く意味がないろ過フィルターに改造をして使うのは効率がとても悪いですから、あまりお勧めできないですね。

エアーポンプで可動する効率が良いろ過フィルターと言えば、水作エイトとかテトラのスポンジフィルターですし、サテライトに無理やりろ材を詰め込んでもろ過能力は追いつきませんし、スペースが無駄になることを考えるとやはり隔離水槽として使うべき。

 

 

追加強力でなろ過フィルターをセットするなら断然エーハイム2213。

 

水槽にろ過フィルターを追加するのであれば、自己満足以外は全くと言ってもいいほど意味がない、サテライトに無理やりリングろ材を詰め込んでエアレーションをするのではなくて最初からエーハイム2213を追加したほうが完璧とも呼べる性能があります。

サテライトをろ過フィルターとして使う場合、おそらく60cm以下の水槽でしょうから、それなら60cm以下の水槽で追加する能力が高いろ過フィルターとなるとエーハイム2213が一番効率が良いですから、最初からエーハイム2213を購入するべきですね。

ただし、ろ過フィルターとしての性能を求めているのではなくて、DIYでろ過フィルターを自分で作って楽しみたいとか、透明なサテライトにろ材を敷き詰めてそれを見るのが楽しみって人もいますので、その場合は積極的にサテライトにろ材を詰めましょう。



スポンサードリンク





Updated: 2018年8月29日 — 11:23 AM
ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme