ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

レッドビーシュリンプを購入したらヌマエビが届いた?詐欺?

ミナミヌマエビの飼育と繁殖に慣れてきたら、次は見た目が紅白で大変綺麗な香港原産のビーシュリンプを日本で改良したレッドビーシュリンプの飼育をしたいって人は結構いらっしゃいますけど、初めてネットショップでビーシュリンプを購入したら・・・。

大抵、とあるトラブルに成ることが多くて、以前、レッドビーシュリンプの個人売買をしていたことがあるんですけど、その際には毎回、苦情が来るようになったので、出来ればレッドビーシュリンプを初めて購入する前に知っておいてほしいことがあります。

その苦情というのが、レッドビーシュリンプを購入したのにミナミヌマエビが届いているけどどういったつもりなんだ!って激怒の電話とかメールなんですけど、普通はレッドビーシュリンプとミナミヌマエビを間違える人はいませんので、詐欺って激怒です。

スポンサードリンク


 

 

レッドビーシュリンプを購入したらヌマエビが届いた?詐欺?

 

最近ではレッドビーシュリンプの価格も落ち着いていて、進入禁止とか、モスラとか、マロとか、以前でした高額な価格で売られていたレッドビーシュリンプでも、一匹200円位で無選別で売られるようになっているので、ネット通販の旨味はなくなりました。

でも、ミナミヌマエビのようにグラム売りとか、売れば売るほど赤字になるって状況ではありませんので、レッドビーシュリンプは増えまくったらネットで売れば、それなりのまとまった売上になるので、増えすぎて困ることが殆どないのがメリットですね。

しかし、やってみれば分かるんですけど、レッドビーシュリンプを通販で販売した場合、購入者からミナミヌマエビが届いているって苦情が入ることが大変多いので、それについて事前に状況を知っておかないと、お互いにトラブルになることがあります。

 

 

レッドビーシュリンプは光が届かない状態だと色素が消える?

 

レッドビーシュリンプは水槽で飼育している際には大変綺麗な紅白な綺麗な色をしているので、常にその状態が当たり前って思っている人が大半なんですけど、通販で販売するときのように発泡スチロールに入れて梱包をして数日間ほど経過するとどうなるか?

スポンサードリンク



実はレッドビーシュリンプの綺麗な紅白の色素が抜けてしまって、ミナミヌマエビのような透明に近い海老になってしまいますので、それでその事を知らないお客さんにレッドビーシュリンプを販売した場合、これミナミヌマエビだろ?詐欺だ!ってなります。

販売する側もこの事実を知っていないと、相手がレッドビーシュリンプを購入しているのにミナミヌマエビを送ってきたと詐欺か脅迫をやっているって認識になってしまい、お互い大喧嘩になるケースもありますので、色素が抜ける原因を知っておきましょう。

 

 

色素が消えたレッドビーシュリンプの紅白模様を戻す方法は?

 

レッドビーシュリンプのネット販売を始めると誰もが経験するのが光が届かない発泡スチロールなどの箱で梱包するとレッドビーシュリンプの紅白の色素が消えてしまって、見た目がミナミヌマエビのような状態になってしまい、お客さんとトラブルになる。

その際には、お客さんにその状況と対策を丁寧に説明すれば誤解がとけて、何事もなくなり、最初にトラブルが発生した際に丁寧な対応をしていると、その後はリピーターになるお客さんも多いですから、色素が抜けたレッドビーシュリンプの説明をします。

色素が抜けてミナミヌマエビのような状態になっているレッドビーシュリンプの色をもとに戻す方法ですが、実はとても簡単で、水槽に入れて放置しておくと翌日には元の普段どおりのレッドビーシュリンプになっていますので、これだけで解決ができます。

レッドビーシュリンプの飼育を始めると、ミナミヌマエビよりは若干扱いが難しいのですが、水槽クーラーとヒーターがあれば、それほど難しいエビではなく、その後は増えすぎて困る状態になりますが、ネットで1匹200円位で売れるメリットは大きいです。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme