ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

ミナミヌマエビを屋外飼育した場合に放置できる理由とは?

ミナミヌマエビの飼育をする際に、屋外であれば何故放置できるのか?についてのご質問をいただきましたので、そちらについて回答させていただくと、室内環境とは違い屋外の環境では太陽という史上最強の照明が利用できるから放置飼育が可能なのです。

太陽というのは地球にとってもっとも重要な役割がありますので、万が一太陽がなくなったら?って動画がYoutubeにも沢山アップロードされていますから見てみればよくわかりますが、地球は冥王星や海王星のような惑星になり、人類は滅亡してしまいます。

この太陽の役割としては、太陽の強烈な光が屋外の水槽に照射されることにより、そこで自然な環境が発生しますので、ろ過フィルターも必要ありませんし、餌も勝手に微生物や植物性のプランクトンが大量発生しますから、完全に放置飼育が可能になります。

スポンサードリンク


 

 

ミナミヌマエビを屋外飼育した場合に放置できる理由とは?

 

ミナミヌマエビの飼育をする際に、室内飼育の場合は完全放置で管理をするのは殆ど不可能で、ろ過フィルターや照明のフル稼働に加えて、ミナミヌマエビにもある程度の餌を与えて管理をしないといけないのですが、屋外の場合は本当に何も必要ありません。

屋外でミナミヌマエビの飼育をする場合、発泡スチロールの箱がれば、その中に水を入れておくだけでミナミヌマエビの飼育と繁殖が可能になりますので、室内で何度もミナミヌマエビを死なせてしまう人であるなら実は屋外で放置飼育をした方が良いのです。

これもすべて、太陽のおかげになりますから、太陽が地球に与えている恵みの影響の凄さがよく分かる話になるんですけど、室内の照明では発生しない微生物が大量に発生して水を自然と濾過する環境になり、餌も自然と発生するので放置で良いのですね。

スポンサードリンク



 

 

屋外で放置飼育する際にやるべきことは水の継ぎ足しのみです。

 

屋外に設置した発泡スチロールやバケツでミナミヌマエビの飼育をする場合、完全放置で飼育と繁殖が行なえますので、本当に何もしなくて良いのですが、唯一管理者がやるべきことは蒸発した水を追加することだけであり、これだけはしないといけません。

ただ、水の継ぎ足しはとても簡単で、浄水器を通した水をバケツに入れて、後はそれをそのまま屋外の水槽に放り込んでおけばOKですから、特に問題はないのですが、季節によっては屋外の水槽は急激に水が蒸発してしまうことがあるので結構要注意です。

季節によっては本当に太陽の光が強すぎるので、いつの間にか水が蒸発してしてしまうことがあり、旅行に行っていて自宅に帰ってみると屋外の水槽の水が完全に蒸発してしまっていて、ミナミヌマエビやメダカが全滅することもあるので要注意ですね。

 

 

屋外で完全放置飼育をする場合でもザリガニの餌を与えると効果的。

 

ミナミヌマエビの飼育は屋外で行うと、完全放置で行うことは可能なのですが、やはりそれでも、ザリガニの餌を与えておいたほうが全然繁殖力が違ってきますので、ミナミヌマエビをより爆発的に繁殖をさせたい場合はザリガニの餌が安くてお勧めです。

あとは、太陽の陽会で全てがうまくいき、自然とろ過環境が構築されて、餌も勝手に水槽内に発生する事になりますから、注意するのは水の蒸発位で、繁殖を積極的に行うのであれば、ザリガニの餌を与えておけばよく、水草や流木などもあれば良いですね。

注意点としては、屋外でミナミヌマエビの放置飼育を行う場合、外部から色々な侵入者がやってきますので、最も厄介なのは蚊がそこで産卵をしてボウフラを大量発生させることなので、ボウフラの天敵であるメダカの飼育を合わせて行う人が多いのですね。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme