ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

乾燥ミジンコはメダカや金魚の飼育に最適な餌なのか?

メダカや金魚の飼育をする際には、それぞれ飼育する魚専用の餌を購入する人が大半だと思いますが、これらの魚は雑食性のため、正直言ってどのような餌でもよくて、植物性でも動物性でも良いので、口に入る大きさであればどのような餌でもよく食べます。

流石にチョコレートやフルーツなどをメダカや金魚に与えるのは問題がありますけど、ご飯粒などは結構普通に食べますので、金魚の飼育をしている人で、余ったご飯を与えている人もいますので、特に大型になる金魚は余ったご飯粒でも飼育は可能です。

そこで、メダカや金魚等の具体的な魚の名称を指定せずに、汎用的な餌を与えるとすれば、稚魚であればブラインシュリンプが大変有名であり、成長したメダカや金魚であればアカムシを好んで食べてくれますが、乾燥ミジンコはどうなのか気になりますね。

スポンサードリンク


 

 

乾燥ミジンコの餌はメダカや金魚の飼育に最適なのか?

 

汎用的な魚の餌である乾燥ミジンコに関心を持って、近くのホームセンターで適当に購入してみた感想としては、確かにメダカはこの餌も食べてくれるんですけど、乾燥しているため、パサパサなのが原因なのかイマイチ食いつきがよくない印象がありました。

また、乾燥ミジンコは価格が結構高めになっていますので、これだったらブラインシュリンプを購入して毎日孵化させてメダカに与えたほうが良いのではないかと思いましたが、たまたま購入した乾燥ミジンコがいまいち良くない商品だったのかもしれません。

ミジンコを乾燥させている餌なので、栄養価は高いと思いますけど、それに伴い価格も高くなっていることを考えると乾燥ミジンコだけを餌として与えるのは金額的に非効率な餌になりますので、それを考えるとこの餌の常用はあまりお勧めできませんね。

スポンサードリンク



 

 

 

常用の餌はメダカの餌や金魚の餌にしておき乾燥ミジンコは補助的。

 

やはり、飼育する個体数が増えてくると大量に餌が必要になるのがメダカや金魚の飼育になりますから、価格が安くて食いつきが良い専用の餌を購入しておきその餌を普段あ与えながらバランスをとる為に、乾燥ミジンコも与える飼育方法が1番良さそうです。

メダカの餌や金魚の餌というのは、それらの飼育をしている人たちが定期的に購入することが多い餌なので、大量生産できる分価格も安くなっていることが多く、乾燥ミジンコのようにマイナーな餌の場合は大量に売れるものでもないので価格も高めです。

ですから、何をもって最適なのか?になるかと思いますが、飼育という広い範囲で見れば、コスト的な問題も含めて考えるとやはり乾燥ミジンコは餌としてはメインにするものではなくて、動物性の餌を与える必要がある場合のお手頃な餌になりそうです。

 

 

金魚は大きくなると乾燥ミジンコよりもアカムシを与えます。

 

メダカも大きく成長をすると5㎝位になりますが、金魚は更に大きく成長をしますから当然ながら大量の餌を食べることになりますので、乾燥ミジンコでは効率が悪すぎることもあり、動物性の餌を与えるのであればアカムシを与えたほうが効率的です。

また、メダカも4㎝くらいに成長をすると、アカムシを積極的に食べることになりますので、以前はインペリアルゼブラプレコの水槽で余ったアカムシを食べるお掃除魚として飼育していましたが、アカムシは本当に色々な魚が最も好む動物性の餌になります。

乾燥ミジンコもよいのですが、メダカであれば最後まで利用できますが、金魚になると成長に合わせてアカムシを与えたほうが良いことが多いので、飼育しているメダカや金魚にバリエーションが有る餌を与える場合は乾燥ミジンコも十分に選択肢になります。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme