ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

価格が高いメダカを購入する際の注意点と黒い背景の意味

以前は、メダカと言えばヒメダカが基本であり、ホームセンターに行けば、1匹20円か30円位で売られていたのものですが、最近ではメダカのバリエーションが増えていて、1匹で1000円を超える高価なメダカが普通にネット通販で売られている時代です。

普通に見ればメダカが1匹1000円は高いと思うかもしれませんし、実際に高いのには間違いなのですけど、商品やサービスの価格と価値を決めるのは購入する側の人になりますから、極端な話で言えばメダカが1匹で5000万円であっても全然構わないのです。

この1匹で1000円以上もするメダカの代表的なメダカが光沢ラメの入ったみゆき(幹之)と呼ばれているメダカであることが多くて、メダカの飼育に慣れていない人が商品写真をみると、きれいな光沢の個体に見えますので思わず購入しそうになります。

スポンサードリンク


 

 

価格が高いメダカを購入する際の注意点と黒い背景。

 

価格が高いみゆき等のメダカをネット通販で見ていると、とても綺麗な光沢のメダカばかりが出てきますから、こんな綺麗なメダカがいるのかと思って、初心者の人は奮発をして1匹1000円以上もするメダカの購入をしてしまいそうになるのですが・・・。

一旦落ち着いて、1匹1000円以上のみゆきの商品写真をよく見てみて欲しいんですけど、このメダカの商品写真だけが大抵が真っ黒な背景になっていて、他のメダカのように普通に水槽の中を泳いでいるメダカの姿ではない事に気がつくことになります。

メダカの飼育とかアクアリウムに慣れていない人は、この背景の違いに気が付かない人も大変多くて単純に高いメダカだから綺麗だな?と感じてしまうのかも知れませんが、慣れている人であれば、高いメダカだけが黒い背景になっている理由が分かります。

スポンサードリンク



この手法は、高価な魚の代表であるアジアアロワナの商品写真であるとか、水槽内の展示に使われる方法であり、早い話が、目立つ魚の色をより綺麗に見せるために、照明と黒い背景を使って、際立たせて綺麗に見せているだけでスカラ要注意なのです。

 

 

黒い背景で撮影をすれば必要以上に綺麗に見えることを知っておく。

 

ネットで1匹1000円以上のメダカ、みゆきの商品写真を見て、なんてきれいなメダカなんだと思ってついつい購入してみて、発泡スチロールの蓋を開けてみたら、なんかイメージしていたラメ入りメダカと全然違う・・・、多分こうなる人もいらっしゃいます。

販売している業者も他のメダカと同じような背景で撮影しないと、知らない人が見たら、このメダカは普通のメダカとは違うと思い込んでしまいかねないので、このような商売はフェアであるとはいえないのでしょうけど、売れるからやっているのでしょう。

正直言って、白メダカとヒメダカをかけ合わせて繁殖をさせていれば、背景が真っ黒な水槽にそれらの稚魚を入れて育ててみると分かるんですけど、普通にある程度ラメが入っているメダカが沢山増やせますから、高いメダカを購入前には注意しておきます。

普通の人はメダカを飼育する際に、真っ黒なアジアアロワナを飼育するような環境で飼育しませんから、高いメダカを購入しても普通の青メダカとそれ程変わらないとか、だったらもっと安い白メダカを購入したほうが良かったとなり兼ねませんからね。

メダカに限らず、背景が真っ黒な状態で撮影されている商品を見た場合、それは必要以上にきれいに見せようとしている業者の意図があり、写真ではなくてじっさいに購入するべきメダカの現物を見てから、1匹1000円もするメダカの場合は購入を判断します。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme