ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

水槽の立ち上げを短くするには既存の飼育水を使うと便利

水槽を新規で立ち上げる場合、パイロットフィッシュを投入してから、大凡1ヶ月位の時間が必要と言われていますし、実際にそれくらいの時間が掛かりますから、その期間はメダカやアカヒレ、ミナミヌマエビ等の丈夫で安い魚やエビの飼育を行います。

パイロットフィッシュと言うのは、水先案内人の意味であり、水槽を新規で立ち上げた直後は水はきれいに見えてもろ過フィルターが全く機能していない為、ろ過フィルターは単なる水を循環させているだけの装置になりますので、犠牲の魚が必要です。

最初に投入されたメダカはパイロットフィッシュとして、ろ過フィルターが機能していない中で、ろ過フィルターにバクテリアを発生させるためだけに、水槽の中で飼育することになりますので、殆どが途中で倒れるなどの使い捨ての魚になります。

スポンサードリンク


新規で水槽を立ち上げた場合はろ過フィルターにバクテリアが定着するまでの間は、とにかく水槽の水が安定していませんので、バクテリアがろ過フィルターのろ材に定着するまでの1ヶ月間の間に関しては、水槽立ち上げの準備期間になります。

 

 

水槽立ち上げを短期間で行うには既存の飼育水を使うと便利。

 

結局、水槽の立ち上げに時間がかかるのは濾過フィルターのろ材にバクテリアが定着していないからであり、だったら最初から既存の水槽でフル稼働をさせていた濾過フィルターと濾材をそのまま使えば、極めて短期間で水槽の立ち上げが完了します。

しかし、初めて水槽を立ち上げる人はそのような環境を持っている事自体が少ないですし、濾過フィルターを1ヶ月ほど何処かに預けて安定した水槽で稼働させることも出来ませんから、よくあるのがバクテリアの素を購入して水槽に投入しています。

バクテリアの素も全くの新規の水槽立ち上げ時にはそれなりの意味がありますので、積極的に使ってもよいのでしょうけど、結構金額的にも安いものでは在りませんので、もっと安くコストをかけずに水槽の立ち上げを早く出来ないか?その方法を知りたい。

スポンサードリンク



その場合は、既存の水槽の飼育水をなるべく多めに新しい水槽に投入していれば、水槽の立ち上げがかなり早くなりますので、既に稼働しているペットショップやホームセンターの水槽の水をメダカを購入時に多めに袋に入れてもらえば大丈夫です。

 

 

飼育水を入れても水槽立ち上げに意味がないという人もいるけど?

 

水槽の立ち上げの期間は、濾過フィルターの濾材にバクテリアがついているかどうかの問題なわけですから、既存の水槽の飼育水を入れても意味が無いと主張する人もいらっしゃいますけど、実際のところはかなりの効果がありますので利用すると便利です。

確かに濾過フィルターの濾材にバクテリアが付着した状態でなければ、水槽の濾過機能は稼働していない状態ですけど、既に安定している水槽の飼育水をより多く投入しておいたほうが、どう考えても早い段階でバクテリアが濾材に定着していきます。

また、この方法だとお金が1円も掛からずに水槽の立ち上げ速度を早めること出来ますので、利用しない理由はありませんので、初めて水槽を立ち上げる場合、パイロットフィッシュを購入する際に大目に水を入れてもらって持ち帰りそれを使いましょう。

ただし、ペットショップの水槽を見て、白点病の魚がいる場合や、弱って元気がないような魚がいる水槽の飼育水は危険な場合がありすので、管理状態が良くて信頼できそうなペットショップの水槽の飼育水でない場合は利用しないほうが無難です。

お近くにご友人などで水槽の管理をしている人がいれば、信頼できる人であれば、多めに水槽の水を頂くとか、事前に濾過フィルターを1ヶ月ほど預けておき、友人の水槽で濾過フィルターを稼働させておけば、短期間で水槽立ち上げが可能です。



スポンサードリンク





Updated: 2017年5月28日 — 1:08 PM
ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme