ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

ミナミヌマエビのレア個体誕生?|黒色で背中に菱形模様

長年ミナミヌマエビの飼育と繁殖をやっていますが、本日、天気が良かったの屋外水槽のミナミヌマエビを見ていると、やたら真っ黒なミナミヌマエビがいたので、気になって更によく観察して見ると相当綺麗な黒色の個体であることがわかりました。

もしかしたら、これはミナミヌマエビのレア個体なのか?

その肝心の珍しい個体なんですけど、全身が真っ黒なミナミヌマエビであり、それくらいならあまり珍しくないのかもしれませんが、上から見ると背中の部分に菱形の模様がきれいに頭から尻尾まで並んでいて、その部分は茶色くなっていますので、なんというか見ていてもとても綺麗な黒いミナミヌマエビです。

スポンサードリンク


一応コンデジの動画で撮影はしたものの、メダカと違って水槽の底の方にいますし、やはり一度水槽から個体を取り出さないと綺麗に撮影ができていないようなので、気が向いたら一眼レフのマクロレンズで撮影しておいても良いかな?と思ったりしています。

 

 

同じ水槽の他のミナミヌマエビは普通の個体ばかりでした。

 

ミナミヌマエビの場合、環境によってある程度色が変わることもありますし、水温が低いと黒っぽく見えることもあるので、他のミナミヌマエビを見てみることにすると、どれも普通のミナミヌマエビばかりでしたから、多分、この個体がレアなのかどうかは断定できませんが、ちょっと変わった個体であるのは間違いないようです。

実際、青っぽいミナミヌマエビが居るとしても大抵は水槽の環境の影響でそのようになっている個体が多く、もちろん元々青っぽい色のミナミヌマエビの個体もいるんですけど、完全にブルー色をしたターコイズカラーのようなミナミヌマエビは見たことがありませんので、周囲の影響で色が変わりやすいエビなのです。

ターコイズと言うのは、水色っぽい宝石のことであり、このターコイズは色々な魚やエビの特殊個体の色でも使われる事がありますので、憶えておくと今後何かしらの役に立つかもしれませんし、全く役に立たないかもしれません。

 

 

ミナミヌマエビのレア個体は固定できないと意味がない・・・。

スポンサードリンク



 

別にミナミヌマエビに限ったことではないのですが、エビの仲間はどれも寿命が短いので、偶然特殊な個体が誕生したとしても、メダカと同じ水槽で飼育しているとかなりの稚エビが襲われて食べらてしまいますので、あまり増えてくれません。

また、数多くのノーマル個体と同じ環境で飼育していると、余程生存力が高い個体以外は殆ど繁殖をするチャンスを失ってしまうこともあり、今回見つけた個体が特殊なレア個体であるなら、早い段階で繁殖できる環境を作って隔離することになります。

ただ、よく観察したわけではないので、本当にレア個体なのか、たまたまそう見えた只の黒いミナミヌマエビなのか分かりませんが、本当に真っ黒で、背中の菱形は綺麗に茶色なので、出来ればレア個体であってくれると嬉しい限りですね。

ミナミヌマエビの場合、日本の順環境で生存繁殖が行えるため、レッドビーシュリンプのような変わった色の個体が出てくると、恐らくはかなりの需要が出てくるような気もしますし、飼育も繁殖もとても容易なので、出来ればレア個体であって欲しい。

 

 

近いうちにこの黒いミナミヌマエビを一眼レフで撮影してみようと思います。

 

多分、明日とか明後日に死んでしまうことはないでしょうけど、今の時期は屋外で繁殖も難しいので、後1年位は生きてくれるのか微妙な大きさだったのですが、多分、体の大きさからしてメスだと思いますので、これで繁殖してくれるとはっきりするかな?

最近、予定が忙しいので、一眼レフカメラでこの黒いミナミヌマエビを撮影できる時間が取れるかどうか分かりませんが、気が向いたら、一度水槽から隔離して撮影しておいて損はないかもしれませんね。

ちなみに、このレア個体かもしれないミナミヌマエビの飼育環境は屋外設置のアクリル水槽であり、赤玉土のみを敷き詰めていて、ホテイアオイが冬でも何とか枯れずに越冬している状態で、この水槽のメダカが水温10度で産卵をしていたり、変な尻尾のデザインのメダカや、やたら大きなメダカが育っている不思議な環境になります。

他の近くの水槽では全くそのようなことにならないので、アクリル水槽で赤玉土だと、何かしらそうなるような要素でもあるんでしょうかね・・・、単なる偶然なのか7不思議なのかはこれからに期待して見るしかないでしょうか・・・。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme