ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

気温が下がる11月からのメダカの飼育|餌に注意

ここ最近、急激に寒くなってきていますが、明日からは11月になりますので、冬の気候に変化しているとは言え、いきなり10度位気温が下がると、人間ですら体調を壊したりする訳ですから、小さなメダカやミナミヌマエビにもそれなりの影響があります。

その為、11月くらいになり夜間の気温が10度前後まで下がってくると、普段のメダカやミナミヌマエビなどの管理方法も変わってきますので、これまでと同じ方法で管理をしてしまうと、水質が急激に悪化してしまうこともあります。

 

 

気温に合わせて屋外水槽の管理方法を変更します。

スポンサードリンク


 

魚の場合は変温動物になりますので、水温に合わせてライフスタイルが大きく変動する為、水温が低くなると活動を殆どしなくなり、水槽の表面が凍りつくようになると、水槽の底でじっとしていることが多くなります。

ですから、気温の変化に合わせて管理方法を変えていくことになる訳ですが、こちらについては屋外に設置している水槽がメインの話になりますので、室内の水槽の場合、ヒーター無しでも25度以上の人もいるでしょうから、その場合はこれまで通りです。

保温性能が高い住宅の場合、室内であってもヒーター無しで真冬でも水温が20度以下になることがない物件もありますから、その場合でしたら管理方法もあまり変更する必要はありませんし、ヒーターをつけている場合でメダカが産卵をしているのであれば、管理方法は夏場と殆ど変わりません。

 

 

11月になると朝晩餌を与えるのではなくて昼間がお勧め。

 

屋外水槽の場合、稚魚を育てているのでなければ、別に餌を与えなくても適切な個体数のメダカは普通にそこで生きていく訳なのですが、餌を与えていたほうが成長が早くなりますし、飼育者にとっても安心感が出てきます。

それで、通常は朝晩とかにまとめて餌を与えている人もいるかとは思うのですけど、11月になって気温が10度を下回るようになると、当然午前中や夜間の気温が極端に低くなりますので、それに合わせて水温も下がります。

スポンサードリンク



しかし、お昼くらいになると太陽が上がり、ポカポカ暖かくなり、気温も限定的に20度くらいまで上がることもありますので、夜間から早朝にかけての温度差が10度以上も出てくることが普通にあります。

 

 

メダカやミナミヌマエビは大変強いのですが様子を見ておきましょう

 

これ位急激に温度差が出た場合、当然小さな生き物にも体調の影響が出てくるでしょうから、これまで通りに朝晩餌を与えていても別に悪くはないのですが、できれば餌の量は少なく与えて様子を見たほうが無難です。

環境によっては、メダカの餌をこれまで通りに与えても、殆ど食べないで水槽の底に沈んでいるケースもあるでしょうけど、その場合はミナミヌマエビがいれば夕方くらいまでには餌を食べていることもあります。

メダカやミナミヌマエビは小さくとも大変強い生き物ですので、必要であればどのような環境であっても生きる為に餌を食べるのですけど、やはり急激な温度差がある状況の場合、様子を見ながら与える餌の量を少なくしていった方が無難です。

 

 

11月以降もお昼の時間帯なら活発に餌を食べるメダカ。

 

出来れば、お昼くらいの太陽が一番光っている時間帯でしたら、気温も高くなっていて水温も高くなっていますので、それ位の時間帯に餌を与えてみると、午前中や夜間よりも食いつきは全然良いかと思います。

11月以降になると、太陽が出ているお昼間くらいの時間帯であれば水温も上がっていて、メダカやミナミヌマエビも活発に餌を食べるのですけど、普通の人は仕事で出かけている為、結局朝晩しか餌を与えることができない事が多いのが現状ですね。

ですから、朝晩餌与えることになる訳なのですが、その場合は餌を控えめにしておき、あまり積極的に食べていないようでしたら、餌の量を少なくするか、1日1回、2日に1回と言った感じで、様子を見ておくと良いですね。

大きく成長したメダカの場合は餌を毎日与えなくても問題がないのですが、小さな体のメダカの場合、餌が少ないとそのまま死んでしまうこともありますので、小さな個体は状況次第では室内環境に移しておいた方が良いかもしれません。




アクアリウム費用を稼ぐ?→簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck


スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme