ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

ドジョウの餌は何を与えればよいのか?|コリタブがお勧め

誰でも簡単に飼育できる魚の頂点に立つであろう強靭さを有しているドジョウなのですけど、初心者の方でドジョウを飼育しようと思う人は正直あまりいない為、多くの方が初めはメジャーなメダカなどの飼育からはいるのではないでしょうか?

そもそもですが、ドジョウ自体が水槽の底で生活している都合上、あまり動かない魚ですし、ソイルや大磯であってもその中に潜る習性がある為、観賞用の魚として適していない事があるのかもしれません。

ドジョウイコール、マニア向けの食品と言った認識の方が強いのかもしれませんね。

スポンサードリンク


 

 

ええ、食品を飼育するの・・・?、マイナーなドジョウの憂鬱。

 

ええ?、まさか、あのどぜう鍋に出てくる食べ物を飼育するんですか?、と疑問に思う方が多いのもしかたがないのかもしれません。

そんな感じで、ペットショップに行けばドジョウは適当なタライの中で一匹100円前後で売られていますし、ネットショップでは大型魚の餌としてメインに売られている状態になりますから、ドジョウは飼育がしやすいのに飼育があまりされない魚になります。

この辺り、ドジョウについてもう少し興味を持っていただける方が増えると良いのですが・・・いかがでしょうか?

 

 

ドジョウの餌はコリドラスタブレットがお勧めです。

 

ドジョウは屋外飼育の場合、荒木田土を敷き詰めた水槽であれば、水槽内に勝手に餌が沢山発生する為、特別な餌を与える必要はないのですが、成長を促進させる場合は、何かしらの餌を与えた方が成長が早くなります。

室内飼育の場合はこの限りではありませんけど、ドジョウが最高のパフォーマンスを発揮する為には、荒木田土を敷き詰めた水槽の方が適切な為、どうしても屋外水槽がお勧めになります。

それで、ドジョウにどのような餌を与えれば良いかなのですが、ドジョウは雑食性の為、正直言ってどのようなものでも食べるのですけど、個人的に言えば、これまでいろいろな餌を与えてきた感想として、コリドラスタブレットがお勧めになります。

スポンサードリンク



 

 

コリドラスタブレットがお勧めな理由について。

 

では、なんでも食べる雑食性のドジョウの餌にコリドラスタブレットがお勧めな理由について、その理由を問われた場合、サイズがドジョウ向けの適切なサイズのタブレットであり、他の生き物も好んで食べる餌になるからです。

ドジョウを飼育している水槽ではヒメタニシも飼育しているのですが、この組み合わせはとても相性がよく、ヒメタニシも異常な速さで成長をしていく為、ヒメタニシが食べる事ができるコリドラスタブレットが良い訳なのです。

メダカやミナミヌマエビも同居させていますが、コリドラスタブレットはいずれも餌として適切ですし、似たような餌でプレコタブレットといった餌があるのですけど、こちらはサイズが大きい為、ドジョウが食い散らかすことになります。

 

 

ヒメタニシがいないのであれば、ザリガニの餌もお勧めですね。

 

他にもザリガニの餌、キャット、カーニバル、赤虫、鯉の餌、いろいろとドジョウに与えてみたのですけど、ヒメタニシの餌にもなるコリドラスタブレットを現在は利用しています。

ドジョウの口のサイズから言えば、ザリガニの餌が水に入れたばかりの固い状態でもドジョウの口にパックリと入りますし、栄養価も高いので良いのですけど、ヒメタニシの事を考えると植物性のコリドラスタブレットの方が良い訳です。

プレコタブレットが余っている人の場合は、そちらでも良いと思うんですけど、ドジョウはプレコとは異なり、舐めるように餌を食べる魚ではなくて、小さな口でつつきまくるタイプの魚なので、水に入れると柔らかくなり、サイズがお手頃なコリドラスタブレットが今のところはいい感じです。

ドジョウに興味を持ったら、夏の暑い時期ならお近くのホームセンターに行けば、大抵1匹100円前後で売られていますので、是非飼育をしてみてはいかがでしょうか?



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme