屋外水槽で見る光景|水槽をネットで隠している理由は一体何?

屋外にて何かしらの水槽を設置している場合、まれにネットで全て覆っている水槽を見ることがありますので、そのような飼育方法をしたことがない方であれば、一体どのような理由で水槽をネットで隠しているのかいまいちピンとこないと思います。

そもそも水槽をネットで隠す理由そのものがない人の場合、何故そのような事をしているのか全く理解できないわけなのですが、実はこれには特定の条件を満たすような環境の場合、必ずネットで水槽を覆わないといけない状況になるのです。

それでは、果たしてネットで水槽を隠す必要があるとされる、その特定の条件や環境とはいったい何でしょうか?

スポンサードリンク


created by Rinker
SHINSEI
¥1,834 (2024/04/21 10:47:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

水槽をネットで隠す理由は魚を襲う天敵から魚を守る為です。

 

通常、水槽の上部をネットで隠す時点で利便性が極端に悪くなったり、鑑賞に適さなくなったり、日常の管理が面倒になったりする訳ですから、それをしない状態の方が便利です。

しかし、あえて便利さをなくすようにネットで水槽を隠している時点で、それを意図的にしないといけない理由が必ずあることになります。

まれに、趣味で水槽をネットで隠している人もいるのかもしれませんが、そのような人は例外中の例外でしょうから、理由もなくネットで水槽を隠すことは普通の人はしないでしょう。

理由が全くないのに、趣味で水槽をネットで隠す人は普通はいないでしょうし、専門業者くらいの規模になれば大きなビニールハウスの中に水槽を設置していますから、その場合は水槽をネットで隠す必要はありません。

わざわざする必要がない水槽をネットで隠す理由については、考えてみれば簡単ですが、ネットで水槽を隠すことにより、その水槽に侵入してくる何かしらの生き物から水槽を保護する為ですから、早い話が天敵から魚を守る為にネットで隠しているのです。

スポンサードリンク



 

 

 

水槽の魚を襲う天敵は多種多様ですが、圧倒的に鳥が多いのです。

 

その水槽の魚を天敵とは魚を好んで食べる鳥であることが殆どになるのですが、状況や環境によっては猫やカエルなどから水槽を保護する為にネットで隠している人もいらっしゃいますから、天敵から魚を守る為の一括りで表現しても問題はないと思います。

ここで、多分多くの人が疑問に感じるのが、自分もメダカの飼育を屋外水槽にてしていて、一度もネットで隠す必要になることなどないけど、どうなっているの?と言った話になるのですが、これはメダカの場合は鳥に襲われないからする必要がないだけの話です。

メダカの場合、水槽に侵入してきたヤゴなどでしたら、襲われてしまう事もあるのですが、鳥のような大きな天敵の場合、メダカは小さすぎて餌として認識されることはまずありませんから、メダカの場合はネットで水槽を隠す必要がないのです。

ですから、メダカよりも大きい魚である金魚の飼育を屋外にてしている場合は、ネットで水槽を隠さないと、鳥が飛んできて金魚を襲ってしまう為、鳥よけにネットで水槽を覆ったり隠したりしている訳なのです。

 

 

鳥は目が良くて知能が高い生き物なので一度目をつけられると大変。

 

鳥が上空から餌である魚を探していても、水槽をネットで覆っているとそこに水槽があること自体が認識できませんし、万が一近くにやってきてもネットを覆っていると鳥がそれを破壊して侵入してくることもありません。

鳥というのは大変目が良い生き物ですから、遥か上空から小さなうさぎやネズミを見つけて急降下して捕食している鳥もいる位なので、目立ちやすい金魚が水槽で泳いでいると格好の餌として何度もその場所にやってくることになります。

水槽をネットで隠している人の場合は、金魚を飼育している人か、金魚くらいの大きさの魚を飼育している人ですから、メダカの飼育をする場合はネットで水槽を隠す必要もないので、お手軽にアクアリウムを楽しむことができる訳です。

created by Rinker
¥4,089 (2024/04/21 10:47:23時点 Amazon調べ-詳細)


スポンサードリンク