コトブキフラットLEDの使い方|2個並べて使うと苔だらけになった?

現時点で、初心者の方からベテランの方まで水槽で何かしらの魚とかエビを飼育するアクアリウムをされている方でしたら、最もお勧めできる照明はコトブキのフラットLEDになるかとおもいます。

前回のブログ同様に繰り返しますけど、私はコトブキの関係者ではありませんので、単純に自分でいろいろなLED照明を利用してみて一番良かった照明をお勧めしているだけですの誤解なきように・・・。

 

 

2個並べることにより奥行き30cmの水槽上部にスペースが発生します。

スポンサードリンク


 

コトブキのフラットLEDを単なる水槽を照らす照明としてだけの利用ではなくて、2個セットで並べて使うことによりその上部にスペースを作り、そこにエーハイムオートフィーダーを設置して自動的に餌を与えることも事前に取り入れています。

このエーハイムオートフィーダーをLEDの上部に設置できるかどうかだけでも、全然飼育の効率が異なってきますから、これができるコトブキフラットLEDはお勧めせざるおえないのです。

実際に蛍光灯の照明を使っている方でしたらご存知でしょうけど、エーハイムオートフィーダーのような自動給餌器を購入しても、それをうまく水槽に設置する場所がなくて本当に困る人が多いのです。

その問題は、コトブキのフラットLEDを2個並べて使うことにより全てが解決しますし、心配される発熱や本来はLEDの上部に物を置いてはいけないトラブルも、エーハイムオートフィーダーについている4つのゴム足で熱を遮断していますから全く問題はありません。

 

 

自動給餌器は想像以上に高額なので水没だけは要注意。

 

フラットLEDを2個並べて使うことにより、何かしらのトラブルで高価なエーハイムオートフィーダーが水槽の中に水没することを防ぐことができますから、1個だけで使っているときと比べても、とても安心感があるのです。

実際、水槽のメンテナンスをしているとか、何かしらの荷物などが間違えて接触した場合、エーハイムオートフィーダーは簡単に水槽の中に水没してしまって2度と使えなくなりますから、最初から事故を予測しておくことも重要です。

ただし、これは奥行きが30cmの水槽の話になりますから、奥行きが45cmある水槽の場合は2個ではなくて3個並べた方が安定しますし、光の必要性から言っても3個並べておいた方が良いですね。

 

 

ADAのような水草水槽がメインの人と普通の人は必要な要件が違うのです。

スポンサードリンク



 

30cm水槽や60cm水槽であれば、一般向けの水槽は奥行きが30cm前後ですから、この場合は2個のフラットLEDを購入して並べておけば良いのですけど、それらを並べて電源をつけた感想はとても明るい!と感じる人が多いようです。

厳密に言えば、見た目の明るさだけではなくて、LEDでは難しい水草の育成に必要になる光の波長の方が重要になるのですけど、そちらについては普通の人はあまり深く考えなくて構いません。

大体、最初から水草の育成がメインの人であればメタハラを購入しておけば良いだけですし、そのような人はLED照明自体購入することはないでしょうから、一般的な飼育がしたい人と、ADAのような水草水槽がメインの人の考え方をごっちゃにしてはいけません。

最近では水草を購入する際にも、チャームさんなどでは水草の育成難易度を丁寧に記載してくれていることも多いですから、欲しい水草があれば事前に確認しておくのも良い方法です。

 

 

コトブキフラットLEDを2個並べて使っていると苔だらけになったよ?

 

それで、フラットLEDを2個並べてしばらくの間使っていると、その時に気がつくことになるのですけど、水槽の中が苔だらけになってしまっていて、もはや手がつけれないような状態になっていることがあります。

元々、フラットLEDそのものが明るいこともありますし、それを2個並べて使っている時点でかなりの明るさになりますから、タイマーを使って適切な時間照明を点灯させていても、普通に苔だらけになってしまうことが多いのです。

本当、水草の育成に必要な波長うんぬんの話は置いておいても、最近のLED照明は明るいですからね。

その際にどうやったら苔の発生を防ぐことができるのかと言えば、極めて簡単な方法で対処できるのですが、その方法とは片方のフラットLEDの照明を赤っぽい照明に変更しておくだけで良いのです。

2個並べて白くて明るい光の照明だから苔がより繁殖するわけですから、2個ならべているのですから、どちらかを赤っぽい色にスイッチ一つで変更すれば良いですし、フラとLEDの電源を反対方向に押せば簡単にその設定に切り替わります。

これで使っていると、苔が水槽内に大量に発生することもなく、エーハイムオートフィーダーは利用できるし、電気代は安いし、メンテナンスの際も取り回しが良いしで、お勧めしない理由がないのが現場です。

ただし、フラットLED唯一の欠点は、電源ケーブルがとてもダサいことですから、そちらについては覚悟をしておいた方が良いかもしれません。



スポンサードリンク