ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

エーハイム2213|枠あり水槽にパイプが固定できない?

性能と価格のバランスが最もよくて、耐久性も高い濾過フィルターと言えば?

日本の一般家庭に最もマッチしたサイズである60cm以下の水槽に限定して言えば、殆どの人から、エーハイム2213では?、と必ずその名前が出てくるのではないでしょうか?

プレコ系の飼育には全く向いていませんが、一般的な小魚であるとかエビなどの飼育であれば高い性能を発揮しますし、水草水槽に至って言えば、60cm以下の水槽の場合、2213以外の選択肢はありえないような状況になっています。

スポンサードリンク


 

 

水草水槽ならエーハイム2213の独壇場?

 

水草水槽の場合は、エーハイム2213のような外部式濾過フィルターでなければいけない理由がありますので、本格的な水草水槽を見れば必ずエーハイムが設定されているはずです。

まあ、2213でなくても、似たような外部式濾過フィルターならなんら問題はないのですが、世界的に売れている濾過フィルター故に、パーツ類なども豊富であり、恐らく今後廃盤になることすらないでしょうから、将来性を考えると安定感もあります。

他の会社の外部式濾過フィルターの場合、オプション部品などの数が殆どありませんが、エーハイムの場合は、大量にオプション部品などが用意されています。

 

 

枠あり水槽にエーハイム2213を取り付けられない?

 

60cm水槽の場合、水槽セットで購入している人も多くて、その際には上部濾過フィルターと交換する形で、エーハイム2213を取り付けることになるのですが、このような水槽の場合大抵は枠がついていることが殆どになります。

スポンサードリンク



水槽の枠というのは、黒いプラスチックの部品のことでありその名の通り、水槽に枠がついていますから、オールガラス水槽のように見た目はスッキリしないのですけど、上部式濾過フィルターを設置する場合は必須になります。

また、オールガラス水槽よりも枠ありの方がガラスが薄い為、透明度が高いといったメリットがありますので、枠ありと枠無しどちらが優れているといった話ではありません。

 

 

枠あり水槽に2213のストレーナーを固定するにはどうすれば?

 

この枠あり水槽にエーハイム2213を取り付ける場合、ストレーナー(水を吸い取る方)のパイプに2個の吸盤を取り付けてガラス面に貼り付けるのですが、枠あり水槽の場合、それがうまく取り付けれないといった問題が発生します。

なんとか取り付けても、どうしても枠が邪魔になって完全に吸盤が固定できない為、次第にストレーナーが下がってきて外れることになりますので、枠あり水槽の場合は、ストレーナーの吸盤はあえて取り付けずにそのままドボンで対策を取るなどでも構いません。

もしくは、ストレーナーの先端を水槽のソイルなどに突っ込ませておけば、重力で下がってくることはありませから、吸盤をストレーナー付近に設定してガラス面に貼り付けておけば大丈夫です。

ですから、枠あり水槽は2213が取り付けれないと思っている方もいるかもしれませんが、ストレーナーパイプの固定に若干の問題はあっても2213自体は普通に利用することができます。



お勧め何でも電話相談→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

車を高く売却するなら→車を高く売る方法

スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme