ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

水草が上手く育たない場合はテクニカがお勧め

水槽を設置すると、オーバーフロー式の大型水槽でアロワナとかピラルクーでも飼育しているのではない限り、大抵の場合で水草も水槽に入れて育成することになるのですが、どのような上部で育てやすい水草であっても上手く育たない場合があります。

もちろん、飼育難易度が高いとか、水草水槽ではよく使われている肥料やCO2のボンベが必須になる、水温を一定の温度に保たないといけない等の扱いがデリケートな水草もありますが、価格が安い水草であれば、基本的に照明器具だけで育てる事が可能です。

一番育成が簡単で有名な水草といえば、ウィローモスになるのでは?と思いますし、マツモやカモンバなども金魚やメダカの飼育水槽では鉄板とも呼べる価格が安く育成も容易な水草なんですけど、何故か水草が育たない場合は最初に照明を見直しましょう。

スポンサードリンク


 

 

水草が上手く育たない場合はテクニカがお勧め。

 

水槽の水草が上手く育たない場合、大抵は普通に育成すれば育つはずの水草が上手く育たなかったりするものですが、その要因として一番大きく占めるのが、やはり照明のパワー不足であり、大抵がLED照明を適当に1台設置しているって感じの人も多いです。

もちろん、照明以外の要因があるケースもありますけど、最初に見直すべきは照明であり、水草が上手く育たない場合であれば、殆どの場合で、テクニカのインバーターライトの変更をすれば、その後は上手く水草が育つようになるので個人的にはお勧めです。

ただし、テクニカのインバーターライトは確かに性能は大変良く明るくて波長も水草にあった仕様になっているので優れているのですが、価格が60㎝水槽用で30000円前後するかなり高価な照明になっているので、中々購入に踏み切れない人も多いと思います。

 

 

テクニカの照明が高すぎて買えない場合はどうすれば?

 

性能だけでみればダントツでテクニカのインバーターライトがお勧めであり、この照明はコトブキフラットLEDとは比較にならない位の高性能であり、水草を綺麗に育てたいのであれば、ぜひとも検討するべきなのですが、いかんせん価格がとても高いのです。

スポンサードリンク



そこで、テクニカのインバーターライトに30000円前後の高額な予算も出せないって場合、どうすればよいのかになるのですが、価格が安いコトブキフラットLED等のLED照明を水槽に3台ほど並べて、光源をパワーアップさせる方法もない訳ではありません。

流石に60㎝水槽でしたら、コトブキフラットLEDを3台設置すれば、大抵の水草はある程度は育成できますが、それでも難しい水草もありますので、その場合は素直に育成を諦めるという選択肢もあり、逆に言えば最初から適切ではない水草となる訳ですね。

 

 

テクニカのライトとメタハラはどちらが高性能なの?

 

性能だけで言えば、最高なのはメタハラと呼ばれている、水槽の上から車のヘッドライトを吊る感じで運用を行う照明で、一般向けでしたらメタハラ以上の照明は基本的にはありませんし、プロの飼育水槽でもよく見れば大抵がメタハラが数台使われてます。

流石に高性能な照明であるテクニカのインバーターライトでも、メタハラと何方がよいのか?と聞かれたら、性能だけなら当然メタハラで、強力な照明がないと育成が大変難しいミドリイシと呼ばれるサンゴなどもメタハラが無いと育てることは大変難しい。

しかしですね、メタハラは性能はダントツなのですが、価格や維持費がとても高額になること、水槽の天井から吊るすタイプの照明なので設置場所の確保が大変なこと等、簡単に言えばお金がとてもかかる飼育器具ですから、テクニカのほうが扱いやすいです。

正直、60㎝とか90㎝水槽であれば、テクニカの3連式のインバーターライトがあれば、殆ど完璧ともよべる照明効果が期待できますし、とても明るくて水草に最適な波長で設計された照明ですから、ミドリイシを飼育していなどでないならテクニカで十分です。

※省電力、コスト重視ならコトブキフラットLEDが価格も安くお勧めですね。



スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme