スドーサテライトの素朴な疑問|濾過はどうすれば良いのか?

最近では、スドーのサテライトという大変便利な水槽が販売されていて、魚やエビを新しく導入する際の完璧な水合わせに使えたり、稚エビや稚魚を隔離して、安心して育てたりすることができるようになりました。

アクア業界といった、役にたたない上に高額なぼったくり製品が多い業界の中にあって、水作のプロホースと並んで、本当に安くて使える画期的な発明だと思います。

 

スドーのサテライトに関しては、一番小さいもので良いので一つ持っておくと、色々と便利ですが、エアーポンプとエアーチューブは別売りですので、そちらもあわせて用意するか、購入しておかないといけません。

スポンサードリンク


サテライトの稼働に絶対に必要になるエアーポンプに関しては、水作の水心が高性能で耐久性も高い上に、騒音も少ないデザイン性に優れていることもあり、一番お勧めです。

エアーチューブに関しては一番安いもの、好きな色のものを買えば問題ありません。

 

このように、色々と便利なスドーのサテライトは、もはや水槽をお持ちの方であれば、必須のアイテムになりつつあるのですが、濾過フィルターはどうしたら良いのでしょうか?といった相談をいただきました。

 

答えは簡単で、スドーのサテライトには濾過フィルターは必要ありません。

 

また、余計な改造などをして、自己流のフィルターなどを設置してしまうと、サテライト本来の性能を生かせない場合もありますから、必要のない濾過フィルターは設置しないことを強くお勧めいたします。

サテライトというのは、メインの水槽の縁に引っ掛けて使うものであり、サテライトとメインの水槽の水の循環はエアーポンプを使って行いますので、単純にメイン水槽の水をサテライトの中で循環させているだけのシンプルな仕組みです。

そのため、サテライトの中の水を含む水槽全体の濾過に関しては、メインの水槽で行うべきであり、水を間借りしているサテライトが意識しないといけないものではありません。

例えば、30cmキューブ水槽にサテライトを引っ掛けて使っている場合は、30cmキューブ水槽本体にエーハイム2213を一台設置しておけば、サテライトは濾過を意識する必要性は全くないのです。

スポンサードリンク



 

ですから、サテライトは単純にメイン水槽の濾過フィルターを通した水を循環させているだけであり、余計な濾過フィルターなどの設置は一切不要という話ですね。

 

サテライトにろ材を詰めて外部フィルターとして使うとどうなのか?

 

世の中には、標準で売られている商品を改造することが趣味なっている人もいらっしゃいますので、当然、サテライトのような水槽に引っ掛けるタイプの水槽が出てくると、それを改造して濾過フィルターとして使えないか?といった人も出てきます。

趣味でやるのであれば、別に何をしても問題ありませんし、メイン水槽の濾過がしっかりしていれば、どのようなろ材をサテライトに敷き詰めても問題はないのですが、それだと、やってもやらなくても何も変わらないことになります。

早い話が、サテライトにエーハイメックなどのろ材を敷き詰めて、それをフィルターとして使ったとしても、あくまで気持ち的な問題での濾過フィルターであり、性能的には全く意味がないということです。

 

基本的に、メインの水槽の濾過フィルターが確実に稼働しているから、サテライトを利用することが成立する訳ですから、サテライトをフィルターとして使った場合は、もともとそのような設計ではありませんので、意味がないといった話です。

スポンジフィルターをサテライトの中に設置したら、それなりに意味があるのでは?と考える人もいるかもしれませんが、スポンジフィルターの場合は、サテライトLであっても大きさが全然足りませんし、それならメイン水槽に取り付ければ良いだけの話です。

エアーポンプの出力を最大にして、サテライトの水流を強くしたとしても、ろ材に取り付くバクテリアが繁殖しやすいほどの水流は得られませんし、騒音は発生するしで、良いこともありません。

そんなことをするのであれば、最初からエーハイム2213を購入するか、サブフィルターを購入して、濾過効率を上げたほうが良いでしょう。

ただし、市販商品の改造が趣味の方であれば、精神的なものもありますから、色々と工夫をして自己満足を楽しむ考え方も悪いものではありません。



スポンサードリンク