ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

コケ取り用の貝はメダカの卵を食べるのか?|ヒメタニシ

ミナミヌマエビやメダカの飼育に限ったことではありませんが、室内水槽で何かしらの生体を飼育していると、必ず発生する問題が水槽内のコケ問題になります。

タイマーを使って適切な時間で照明をコントロールをしたとしても、時間経過と共にコケは発生してしまいますので、コケがある程度の状態になったら水槽内のコケを除去する掃除をしないといけなくなります。

照明の照射時間のコントロールは案外難しく、少なくすると水草が育たなくなったり、生体が弱々しくなったりしますし、多くするとあっという間にコケだらけになってしまいます。

スポンサードリンク


この辺りは、日々環境に合わせて試行錯誤していくことになるのですが、どうやってもコケは一定の割合で水槽内に発生することや、ガラス面の除去は簡単であっても、水草や流木などに発生するコケの除去は容易ではないことが殆どなのです。

その為、室内水槽にといては、コケ取り専用の生体を適切な個体数飼育している人が多くなり、そう言ったコケ取り用の生体が水槽内のあらゆるコケをきれいに食べてくれるので、費用対効果も大変高いようです。

魚系で言えばオトシンネグロ、オトシンクルス、貝で言えばヒメタニシやピンクラムズホーンなどであり、当然ミナミヌマエビもコケは食べてくれますから、ミナミヌマエビの単独飼育をされている場合は、コケ自体は定期的な水槽の掃除で解決できることが多くなります。

 

屋外水槽のコケに関しても同様で、屋外水槽の場合は太陽の光をコントロール出来ないため、設置場所によってはコケだらけになってしまったりすることもありますので、コケ取り用の生体を飼育していれば、ある程度はコケの大発生を防ぐことができます。

 

水槽内に発生するコケの種類と生体がコケ取りをしてくれないコケ。

 

いわゆる、茶ゴケに該当するコケでしたら、オトシンネグロ、ヒメタニシ、ミナミヌマエビ等が好んで食べてくれるのですが、それに該当しない緑色の頑丈なコケに関しては、定期的に飼育者が除去するしかありません。

水槽のガラス面にこびり付くように付着している頑丈な緑色のコケは、水質が安定していると必ず発生してきますので、一定期間で水槽のガラス面をメラニンスポンジで掃除すれば大丈夫です。

スポンサードリンク



 

逆に言えば、メラニンスポンジ以外では、頑丈な緑色のコケを落とすのは容易ではありませんし、下手な対応をすると、水槽を破損させてしまう恐れがありますから、注意が必要になります。

このように、特定の水が安定している際に発生する、極端に頑丈な緑色のコケを除いて、コケ取り用の生体は好んでコケを食べてくれるのですが、メダカの飼育をしている人であれば、メダカの卵を食べてしまうのではないか?といった疑問が出てくるかもしれません。

 

コケ取り用のヒメタニシはメダカの卵を襲わないのか?

 

特に、強力なコケ取り要員であるヒメタニシなどは体も大きくて、メダカの卵くらい豪快に食べてしまいそうな感じがするものですから、余計に心配になるのは仕方がありません。

結論から言えば、コケ取り用のヒメタニシ、オトシンクルスについてはメダカの卵を食べてしまうことはまずありませんので、安心して水槽内で同居させることが可能です。

絶対にヒメタニシやオトシンクルスがメダカの卵を襲わないのか?と聞かれると、個体差があるかもしれませんし、環境の差もあるかもしれませから、断定をすることはできないのですが、基本的に食べないものと思って問題ありません。

ミナミヌマエビに関しても、メダカの稚魚飼育、孵化専用水槽で大量に同じ環境下で飼育していますが、普通にメダカの稚魚は生まれてきていますから、ミナミヌマエビがメダカの卵を襲って食べることもないと言えます。

基本的に、ミナミヌマエビは雑食なのですが、卵を含めて、生きている生体などを食べることは殆どありませんから、ボウフラですら手が出せないような小心者的な生き物です。

 

唯一の心配はメダカが孵化する寸前かもしれませんが、その場合も底面に落下している卵以外は特に問題はないでしょう。

ただし、メダカの卵を産んだ親メダカに関しては、メダカの卵や稚魚を平然と襲って食べまくりますから、必ず他の環境に隔離をしないといけなくなります。

不憫な話ですが、ヒメタニシやオトシンクルスはメダカの卵を襲って食べたりしないのに、メダカの親魚は好んで食べてしまうのは、本来よりもはるかに狭い水槽といった環境で飼育する際には、必ず発生するトラブルになります。



オーダーメイド水槽を購入する

車を高く売る方法

スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme