ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

エーハイム2213|30cm水槽にシャワーパイプが入らない

ご存知、日本で最も人気のある濾過フィルターの一つであるエーハイム2213なのですが、こちらはその3リットル前後の濾過容量からして、適合する水槽は60cm以下の水槽になります。

90cm以上の大きな水槽にエーハイム2213をメインで取り付けている人は水草水槽以外にはないとは思いますので、それ以上の水量になると2217やエーハイムプロフェッショナルなどの濾過容量の大きな濾過フィルターを使うことになります。

ですから、60cm以下の水槽であり、予算的に現時点で最安7000前後のお金を濾過フィルター単体に支払える人であれば、エーハイム2213は初心者の方にもお勧めできるのですが・・・。

スポンサードリンク


こちらのエーハイム2213ですけど、30cm水槽で利用する場合、ある致命的な問題が発生することになりますので、初めて2213を購入した人であれば、どうしていいか困ってしまうことになりかねません。

今回はそちらについて・・・。

 

 

30cm以下の水槽でエーハイム2213を利用する際の問題点とは?

 

エーハイム2213を30cm以下の水槽で利用する場合ですが、初めて購入して設置をしている際にある問題が必ず発生するようになっています。

その問題というのは、濾過した水を水槽内に戻す最後の工程でりようする、シャワーパイプがそのままでは30cm水槽には入らない為、カットするかシャワーパイプを使わないようにするしかないといった状況です。

シャワーパイプを無しにすると、水の音が煩くなりますし、シャワーパイプをカットするとなると、新品の部品をハサミでカットするのはちょっと・・・と言った感じで、どちらも抵抗がある人が多いわけなのですね。

スポンサードリンク



こちら、30cm水槽でも横幅が45cm以上あるのであれば問題はないのですが、一般的な30cmキューブ水槽の場合はまず100%の確率で購入時についているシャワーパイプを横向きに設定することはできません。

ですから、ハサミでカットをして使っている人も多いと思いますが、何もつけずに大きな水の音が発生するくらいなら、もったないけどシャワーパイプをハサミで半分くらいに切った方が良いわけですね。

 

 

30cm水槽で2213を使う場合はナチュラルフローパイプがあれば便利。

 

このように、30cm以下の水槽でエーハイム2213を利用する場合、シャワーパイプの加工が必要になるわけですが、その問題を簡単に解決する便利な部品をエーハイムは最初から用意してくれています。

それが、ナチュラルフローパイプという商品であり、これをシャワーパイプの代わりに取り付けることにより、極端な話で言えば、2リットルのペットボトルを加工した水槽ですらやろうと思えば2213が利用できるようになる便利なアイテム。

また、ナチュラルフローパイプを取り付けることにより、水の流れが緩やかになりますので、30cm水槽では水流がやや強すぎる2213の水流を弱くすることもできますので、メダカやエビに優しい環境を作ることができるのです。

どう考えても、最初からシャワーパイプの代わりに、ナチュラルフローパイプを2213の標準セットにした方が良いと思うんですが、最近ではナチュラルフローパイプがついている限定版の2213も売られているようです。

正直言って、60cm水槽であっても2213にはナチュラルフローパイプが必須とも言える状況になっていますので、現在お持ちでない方は是非是非購入される事をお勧めいたします。



お勧め何でも電話相談→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

車を高く売却するなら→車を高く売る方法

スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme