ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

アメリカザリガニを食べたいのならIKEAがお勧め

ホームセンターで1匹100円で売られているアメリカザリガニは日本の至る所で大繁殖をしているのですが、お世辞にも綺麗とは言えない場所で繁殖をしていることもあり、正直食材として見ている人って殆どいないのではないかと思われます。

元々、アメリカザリガニ自体が日本で生息していた固有種ではありませんから、外来からやってきて、確かウシガエルの餌として日本で養殖していた個体の管理が適当だったので、それが一気に全国に広がったと聞いたことがありますが真意は分かりません。

ザリガニ自体がペット用とか、大型魚の餌用として大量に格安で売られていることもあり、繁殖力が強くて生命料も強いこのアメリカザリガニを食料として見る人がいないのは当然なのかもしれませんが、海外では普通に伝統的な食材として使われています。

スポンサードリンク


 

 

アメリカザリガニを食べたいのならIKEA行けば何時でも食べれます。

 

日本ではザリガニを食べると言った風習がありませんし、ニホンザリガニは北海道周辺にしかいない固有種なので、これまでザリガニが積極的に食べられてきた話は聞いたことがありませんし、別に伊勢エビとかクルマエビを食べた方が良いですからね。

ただ、どうしてもザリガニが食べてみたいと思った人は、実はあの有名なスウェーデンの巨大な家具屋であるIKEAに行けば、普通にザリガニを食材のメニューとして食べることが出来ますし、1階の売店に行けば冷凍ザリガニが普通に売られています。

自宅に持ち帰って冷凍ザリガニを指定の方法で調理すれば、後はIKEAのレストランと同じようにアメリカザリガニを食べることが出来ますので、興味がる方は是非一度、IKEAに行って、アメリカザリガニを食べてみてはいかがでしょうか?

IKEAに行けばいつでもザリガニを食べれますし、持ち帰りで冷凍ザリガニを購入することも出来るんですが、別に安い価格でもないので、これだったらクルマエビかブラックタイガーでも買って天ぷらにして食べたほうが良いかもしれないと思いそうです。

スポンサードリンク



 

 

自然界で捕獲したアメリカザリガニは食べれるのか?

 

IKEAに行けばアメリカザリガニを食べれると行っても、別に価格も安くないし、アメリカザリガニならそのへんの沢山いるから捕まえてそれを食べれば良いと考える人もいるかと思いますが、多分、その辺のアメリカザリガニを食べるのは抵抗がありますね。

何しろ、アメリカザリガニ自体が水が綺麗でない場所に生息していることが多くて、正直言ってこんな場所で生息しているザリガニを捕まえて食べるのは如何なものか?と考えてしまいそうですけど、別に普通に食べても問題はありません。

絶対に問題がないとは言えませんが、河川が相当汚染されているとか重金属や放射能で汚染されているような沼地だったら別かもしれませんが、ある程度の田んぼとかその辺の河川でしたら、今は結構水もきれいになっていることが多いですからね。

 

 

ザリガニを食べる際には必ず泥抜きをした後に火を通して調理します。

 

ただし、アメリカザリガニは必ず火を通して食べないと、寄生虫が付着している可能性がありますので、生食は絶対に駄目ですし、捕まえてから暫くの間は綺麗な水で餌を与えることなく泥抜きをしておいたほうが良いので、その点を注意するくらいです。

現状、食料が余りまくっている日本において、アメリカザリガニを食べないといけない状況になることは無いでしょうから、あくまで個人的な趣味とか研究目的で、その辺でザリガニを捕まえて食べてみるのは貴重な経験になるので良いかとは思います。

面倒なら、お近くのIKEAに行けば、1000円もあればザリガニのメニューを食べれますし、IKEAではザリガニ・パーティーを開催していることもありますので、興味がある人で捕獲に興味がない人はIKEAに行ってザリガニを食べてみましょう。

流石にホームセンターで1匹100円で売られているザリガニを購入して、それを食べようとする人はいないと思いますが、完全自己責任でそれを試してみるのもありですね。



スポンサードリンク





Updated: 2017年5月16日 — 11:42 AM
ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme