ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

メダカの稚魚に与える市販の餌が大きすぎる場合の対策

毎年暖かくなる5月から9月くらいの期間中に、新しいメダカの稚魚が生まれてくるのdすが、誕生から数日後にはお腹のヨーサックと呼ばれる栄養の袋がなくなり、その後は自ら餌を探して捕食しないといけません。

人工的に飼育しているメダカの稚魚の場合は、狭い水槽といった飼育環境ですから自然では考えられないくらいの密度で沢山のメダカの稚魚の飼育をしているため、必ずと言っていいほど餌が足りなくなります。

見れば分かりますが、メダカの稚魚は体がとても小さい為、毎日何度も餌を食べないと餓死してしまいますから、小分けにした細かい餌を毎日何度も与えないといけません。

スポンサードリンク


 

 

自宅の庭やベランダで自然の田んぼを作っていれば育てやすくなります。

 

例外的に、荒木田土を敷き詰めた結構広めの屋外水槽であれば、田んぼと同じような状態になり、太陽の光で大量に微生物やプランクトンが常時発生するため、メダカの稚魚であってもそこまで神経質に餌を与えなくても育てる事ができます。

余裕があれば、水深はそれほど重要ではなくて、広めの水槽を用意して荒木田土を使った屋外水槽を用意されておくと、毎日何度も餌を与えるのが難しい位の忙しい会社員やOLの方でも、安心してメダカの稚魚を育てることができます。

 

 

メダカの稚魚に与える餌が大きすぎる場合は水深を浅く水槽を広く。

 

基本的、メダカの稚魚というのは雑食ですから、どのような餌であっても口に入るものであれば問題なく食べるのですが、そのメダカの稚魚の口自体がもの凄く小さい為、食べれる餌というのは自ずと限定されます。

早い話が、とても細かい粉末状の餌でなければ、メダカの稚魚は口に入らない為、その餌を食べることが出来ません。

また、成長したメダカのように、キョーリンのザリガニの餌や、ヒカリクレストのプレコタブレットのような水に沈んでいくタイプの大きめの餌も食べるのは容易ではありません。

その理由は、メダカの稚魚を見ればすぐにわかるのですが、体が小さくて泳いだり潜ったりするのがまだ得意ではない為、殆どが水面に浮かんでいる状態ですから、水の底に沈むタイプの餌を食べるのは出来ないのです。

ただし、極端に水深が浅い水槽の場合は、水槽の底に沈んだタブレット状の餌を食べることが出来ますので、トロ舟を用意して、意図的に広めで水深が浅い水槽を設定しても良いかもしれません。

 

 

普通の水槽でメダカの稚魚に与える餌が大きすぎる場合はどうすれば?

 

荒木田土の水槽を用意できないし、トロ舟のような左官で使うような広くて浅い水槽も用意できないし、普通の発泡スチロール水槽しかない場合などは、メダカの稚魚用の餌を与えれば良いのですが、そういった餌が手元にない場合がよくあります。

スポンサードリンク



たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


その場合は、メダカの稚魚は雑食性であり、魚用として市販されている加工餌であれば、どのような餌でも食べることができるのですが、その条件として口に入るものしか食べることが出来ないことを考えれば答えは簡単です。

早い話が、市販のメダカの餌であれば、それをすり潰して細かく粉砕して、メダカの稚魚に与えると細かい餌は水面に浮かびますから、その餌を見つけてメダカの稚魚が沢山集まってきて、餌を食べてくれます。

特に、メダカの稚魚用として売られている、細かい餌を買う必要はありませんし、餌を与える際に何種類ものパッケージを開封して水槽ごとに餌を切り替える手間暇も必要ありありません。

すり潰す方法としては、人差し指と親指ですり潰すだけであり、そうすることにより簡単に粉末状になってくれますから、あとはその餌をメダカの稚魚に与えるだけです。

 

 

メダカの稚魚にお勧めの餌は、キョーリンの金色パッケージのメダカの餌。

 

例えば、屋外に沢山の発泡スチロール水槽があり、その水槽にはメダカの親が入っている水槽、メダカの稚魚が入っている水槽、ある程度成長したメダカの稚魚が入っている水槽があるとします。

それらの水槽ごとに、複数のメダカの餌のパッケージを持って、個別に餌を毎日何度も与えていると、やってみると分かりますが、だんだん面倒になってきます。

そこでお勧めなのが、キョーリンの金色パッケージのメダカの餌であり、この餌は若干高めな金額に設定されていて、その容量も少なくなっているので、かなり割高な印象を持ってしまうかもしれませんが、この餌であれば、すべてのメダカの大きさに対応可能です。

 

もちろん、他のメダカの餌であっても、そのまま与える、ある程度粉砕する、細かく粉砕するといった感じで、餌の大きさを変えていけば問題ないのですが、結構硬い餌が殆どですから、指で簡単に潰すことが難しいのです。

特に女性であれば、指の力がないため、すり鉢などがないと、細かく粉砕するのはかなり難しいと言えますが、そんな手間暇をかけるのであれば、最初からメダカの稚魚用の細かな餌を買ったほうが良いくらいです。

キョーリンの金色パッケージのメダカの餌は、餌が柔らかい半生タイプになっているため、簡単に指で潰せることや潰すと本当に細かく粉砕できる特徴があります。

このメダカの餌を買っていれば、購入時は多少高くても、すべてのサイズのメダカに適合できますから、他の餌を用意する必要ありません。

欠点としては、この餌は半生タイプの餌ですから、結構特有の匂いがするため、それを受け付けない人の場合は、他のメダカの稚魚用の餌を個別にパッケージで用意することを検討しても良いかもしれません。



おせちの予約なら→札幌グランドホテル監修 おせち特集

お勧め何でも電話相談→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme