ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

レッドテールキャットを購入する前に飼育可能か必ず確認

今から20年以上前の話になるでしょうか?、当時はテレビが情報源として重要視されていた時代でしたので、TVCMで登場していた熱帯魚さんのナマズ、レッドテールキャットが一躍大ブームになり、それ故にペットショップで大々的に売り出されました。

なにしろ、大きさが5㎝位のカラフルでお腹が白くて、尻尾が赤くて、長い髭とかわいい顔をしたナマズはとても可愛い姿ですから、それを見た人は癒される状態になるのが当然ですし、誰が見ても可愛い・・・って状態になり、当然大ブームになりました。

ただし、その後にこのレッドテールキャットの実態を殆どの人が知らない状態で購入してしまったために、大問題になってしまい、この可愛いナマズの飼育が出来なくなる人が続出してしまい、違法に川に投棄するなどの問題が多発することになりました。

スポンサードリンク


 

 

レッドテールキャットを購入する前に飼育可能か必ず確認。

 

今回、ペットショップでレッドテールキャットと言う名称の大変可愛い小さなナマズを見かけたのですが、このナマズの飼育方法を教えてくださいってご質問を頂いたのですが、正直言ってレッドテールキャットの購入は普通の人には絶対にお勧め出来ません。

その理由は、かつてTVCMを見て、そのあまりの可愛さのためにレッドテールキャットを衝動買い購入した多くの人達が経験した理由がそれなんですけど、ペットショップで売られているレッドテールキャットは実は赤ちゃんナマズ状態の個体だからです。

基本的にナマズは鱗がありませんので成長が大変早くて、兎に角大きくなる種類の魚ですのでレッドテールキャットもその例外でなく、5㎝で購入した赤ちゃんナマズも半年後には100㎝に成長している位のとても大きくなるナマズだから飼育が難しいのです。

 

 

レッドテールキャットの飼育の難しさは最終的な大きさです。

 

ペットショップで売られているレッドテールキャットは5㎝前後の赤ちゃん個体で、とても小さくて可愛いので、地味なナマズのイメージしかない人がペットショップで偶然見かけると、ついつい衝動買いしてしまいそうな素晴らしい可愛さを誇っています。

スポンサードリンク



たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


この可愛い赤ちゃんナマズは5㎝くらいの時はメダカなどの小魚を餌として与えるんですけど、餌を与える程どんどん大きくなっていきますので、その成長速度のあまりの速さに驚く人が多くて、60㎝水槽で飼育をしていると直ぐに飼育が出来なくなります。

そして、最終的な大きさに達成する前に、レッドテールキャットの飼育をこれ以上続けることが出来ないって状態になってしまいますので、その辺の川に放流する人が続出してしまう訳なのですが、自然界では180㎝位の大きさまで成長していくナマズです。

 

 

レッドテールキャットを購入する前に150㎝水槽が用意できるか確認。

 

レッドテールキャットも5㎝位の赤ちゃんの頃には、60㎝水槽はおろか30㎝水槽でもしいくはできますので、この頃は何ら問題はないのですが、数カ月もすると20㎝、30㎝と大きく成長をしていき、更に餌を与えていくと100㎝をすぐに超えてしまいます。

その為、レッドテールキャットを終生飼育できる環境としては150㎝水槽は最低でも必要になりますので、その大きさの水槽が用意できるのか?、またレッドテールキャットはナマズですから大変寿命が長いという特徴がありますからそれも確認が必要です。

ペットショップでは5㎝位の赤ちゃん個体のレッドテールキャットが売られていることが殆どなので、それを偶然見るとその大きさのイメージでついつい衝動買いしてしまいがちですが、最終的には100㎝を超える巨大ナマズであることをよく確認しましょう。

自然界ではレッドテールキャットは180㎝前後の大きさまで成長していく本当に大きなナマズで、その頃にはずんぐりむっくり状態になってしまって、赤ちゃん個体の頃の可愛さはなくなり、かなりワイルドな見た目になっていますのでそれも知っておきます。



おせちの予約なら→札幌グランドホテル監修 おせち特集

お勧め何でも電話相談→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme