ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

2213の管理が楽になるツインブリラントスーパーフィルター

60㎝以下の水槽のろ過フィルターとして最適なのが、エーハイムが発売している外部式ろ過フィルターである2213になる訳ですが、2213は確かに性能が良くて耐久性も極めて高い事や二酸化炭素を逃さないため、水草用のろ過フィルターとしても最適です。

ただし、完全な水草用のろ過フィルターとして使う分には良いのですが、魚やエビの飼育用のろ過フィルターとして使う場合は、どうしても濾過槽が一定割合で汚れてしまいますので、その際には蓋を開けて中のろ材等の清掃をしないといけなくなります。

エーハイム2213等の外部式ろ過フィルターの場合、この電源を止めてから蓋を開けてメンテナンスをするのが、結構面倒であり、2213の数が2機、5機と増えてくるとその台数分のメンテナンスが必要になりますので、これの作業時間も結構かかります。

スポンサードリンク


 

 

2213の管理が楽になるツインブリラントスーパーフィルター。

 

この台数が増えてくると管理がそれに合わせて面倒になり、濾材や2213本体の清掃をしていると一日がかりは大げさかもしれませんが、同時に水換えや水槽の掃除等もすることが多いですから、結構な時間がかかってしまうことには違いがないのが現状です。

そこで何とか2213の管理を楽にしたい・・・、早い話がメンテナンスの頻度を下げたい場合にやっておくと大変便利なのが、エーハイム2213のストレーナーにスポンジフィルターを取り付けることであり、これをすることにより管理が大幅に楽になります。

エーハイム2213の水槽の水を吸い込むストレーナーの先端には尖った緑色のプラスチックのパーツが取り付けられており、そこにテトラが発売しているツインブリラントスーパー フィルターを取り付けておくと、2213の中身のろ材は殆ど汚れなくなります。

 

 

テトラのツインブリラントスーパー フィルターは最強な理由とは?

 

スポンジフィルターは色々なメーカーが発売していて、エーハイムからも2213専用のストレーナーに取り付けるスポンジフィルターを発売していますが、これまでに発売されている全てのスポンジフィルターを使った結果、どれが良いのかがわかりました。

スポンサードリンク



たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


テトラからも3種類のスポンジフィルターが発売されていて、ツインブリラントスーパー フィルターってのが、一体どのスポンジフィルターなのかって分かりにくい人も居るかもしれませんけど、一番大きくて背面が三角形になっているのがそれです。

ツインブリラントスーパー フィルターがエーハイム2213のストレーナー用のスポンジフィルターとして最強な理由としては、大型で密閉率が大変高いこと、ストレーナーに取り付けると隙間なく取り付けれることから他のスポンジフィルターよりも圧倒です。

 

 

ツインブリラントスーパー フィルターなら2ヶ月後も殆ど汚れない。

 

これまで、色々なスポンジフィルターをエーハイム2213のストレーナーに取り付けてきて使ってみた印象としては、どのようなスポンジフィルターを取り付けても、1ヶ月後にはある程度の汚れがろ材に発生してウールもある程度汚れてしまっていました。

当然、ストレーナーにスポンジフィルターを取り付けていない状態よりは圧倒的に汚れる頻度は下がりますけど、ツインブリラントスーパー フィルターを取り付けた場合は、2ヶ月後も2213の中のウールが殆ど汚れない状態でしたので、正直驚きました。

ただし、ツインブリラントスーパー フィルターを実際に2213のストレーナーに取り付けてみると分かりますが、高さが高い水槽でないとかなりの邪魔な状態になってしまいますので、高さが50㎝前後の水槽以外では殆ど使えないって重大な問題があります。

60㎝でも高さが50㎝あるハイタワー型の水槽でアルタムエンゼルを飼育しているとか、レッドビーシュリンプ兼水草水槽を用意しているような人の場合でしたら、ツインブリラントスーパー フィルターをストレーナーに取り付けると管理が楽になります。



おせちの予約なら→札幌グランドホテル監修 おせち特集

お勧め何でも電話相談→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク





Updated: 2017年12月4日 — 10:57 AM
ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme