ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

室内水槽のLEDで育成中のホテイアオイが1ヶ月で大繁殖

屋外の水槽で浮かべているホテイアオイが大繁殖をしてしまい、毎週ゴミとして処分しているのを見て、毎回ゴミとして処分するのは勿体無いので何か利用方法はないかと思って、室内の水槽でLEDを使って育てることが出来るのかを試してみる事にしました。

それで、そろそろ3週間程経過しているので水槽を確認してみると、コトブキフラットLEDを2本セットしている室内水槽のホテイアオイが大繁殖をしていて、水面を覆い尽くす状態になっているので驚いたのですが、室内水槽でもホテイアオイは育ちますね。

同時に他に蛍光灯をセットした水槽に浮かべているホテイアオイを確認をすると、全然増えていない状態で既にラフレシアのように葉っぱが萎れてペッタンコ状態で水面に浮かんでいて、そろそろ腐ってドロドロにとけてしまって無くなりそうな状態です。

スポンサードリンク


 

 

室内水槽のLEDで育成中のホテイアオイが大繁殖。

 

室内の水槽にコトブキフラットLEDを2本セットした環境で1株のホテイアオイを浮かべていたんですが、ホテイアオイは強力な太陽光が必要になるので、室内ではうまく育てることが出来ずに大抵は1ヶ月で溶けてなくなるのでどうなるのかと試してみました。

その結果、意外にもコトブキフラットLED2本をセットした水槽では1株だったホテイアオイが何と60cm水槽の水面を埋め尽くすくらい増えていて、水槽の底にLEDの光が届かない位になっていて、実は室内でもホテイアオイを育成出来る事が分かりました。

まさかLEDの証明でホテイアオイを60cm水槽の水面を全て埋め尽くす程に増殖するとは思っていなかったので、これなら室内でホテイアオイを簡単に増やすことが出来ますし、室内水槽なら水温管理も容易なので日本中どこでも越冬させることが出来ますね。

 

 

LED照明でホテイアオイが育成できる事に驚きですね。

 

屋外の強烈な太陽光でないと上手く育てることが出来ないホテイアオイが、まさかのLED照明で1ヶ月程度で一株から60cm水槽の水面を覆い尽くすまでに増えるとは思っても見なかったのですが、LEDでホテイアオイを簡単に増やせるなら結構便利ですね。

スポンサードリンク



コトブキフラットLEDは2本水槽にセットしていて、ポイントは水槽の水を溢れそうなくらいギリギリまで入れておく事であり、その状態ですとコトブキフラットLEDとホテイアオイの葉っぱがゼロ距離で接触する状態になりますのでこれで育成が可能です。

るろうに剣心の斎藤一の牙突ゼロ式みたいにゼロ距離からの牙突は威力が大変強くなる設定がありましたが、コトブキフラットLEDもゼロ距離でホテイアオイに照明を照射し続けるとLEDであってもあのホテイアオイを簡単に増殖できる事が出来るようです。

 

 

室内のLEDで育成したホテイアオイは小粒っ子みたいで可愛い?

 

今回、室内の水槽にてゼロ距離で育成しているホテイアオイなんですが、確かにコトブキフラットLEDで上手く育てることが出来ているんですけど、屋外の水槽のホテイアオイのように巨大に育つことはなくて小粒な株分けされた小粒っ子ホテイアオイですね。

これは単純にLED照明ではゼロ距離からホテイアオイ光を照射をして、60cm水槽の水面を埋め尽くすくらいに増殖させることが出来たとしても、小粒っ子状態のホテイアオイが限界であり、屋外のように巨大に大きく育てるにはメタハラが必要になります。

注意点としては、確かに一ヶ月もかからない期間で水面を埋め尽くすくらいにホテイアオイを増やすことが出来るんですが、どれも屋外のホテイアオイよりも小粒であり、葉っぱの端っこが茶色く枯れている個体が多いので、LEDだと屋外とは違いますね。

屋外の水槽ではこのような小粒っ子のホテイアオイを育てるのは大変難しいですから、小さな小粒っ子ホテイアオイが欲しい場合、室内の環境でコトブキフラットLEDを2本使って育成しないと育てるのが難しいので、あえてこの育て方も良いかもしれません。



お勧め何でも電話相談→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

車を高く売却するなら→車を高く売る方法

スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme