ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

ヒドジョウの飼育方法は普通のドジョウと同じ?|質問回答

ホームセンターのアクアリウムコーナーに行けば、恐らく殆どの店舗の水槽で展示されて販売されているであろう魚の中にヒドジョウと呼ばれている黄色いドジョウがいて、通常のドジョウのように茶色っぽいボディーではなく全体が黄色い色になっています。

こちらのヒドジョウについて、購入を検討しているのですが飼育方法は普通のドジョウと同じで良いの?価格が結構高めになっているので特別な飼育方法をしないといけないの?、こちらのヒドジョウについてその正体を知れば答えは自然と分かってきます。

ヒドジョウは100円でたらいに入れて売られている一般的なドジョウよりも高い金額に設定されていることが多いので、日本人は金額高い生き物ほど価値が高く飼育方法が難しいと考える人も多く、ヒドジョウは1000円以上することも多いので気になります。

スポンサードリンク


 

 

ヒドジョウの飼育方法は普通のドジョウと同じ?|質問回答

 

普通のドジョウは1匹100円位で結構適当な環境で展示されて大量に売られていることが多いのに、ヒドジョウは個別の水槽に入れられて1匹1000円前後で売られている事が多いですし、見た目が綺麗な黄色、オレンジ色の魚ですから気になる人も多いです。

このヒドジョウと言うのは、実は普通のドジョウが突然変異で体の色が黄色やオレンジ色になってしまった個体を固定化したもので、大変良く似た他の魚で言えば、メダカが突然変異をしたヒメダカがそのままメダカになったと思えば分かりやすいですね。

マドジョウが突然変異をして色が黄色くなり、ヒドジョウとして売られている個体であれば、その魚は田んぼで泳いでいるマドジョウと全く同じ魚ですから飼育方法も一般的なマドジョウを全く同じ方法で飼育が可能であり、特別な注意点は必要ありません。

スポンサードリンク



たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


 

 

一般的なヒドジョウはマドジョウの特殊個体を固定化したドジョウ。

 

一般的にヒドジョウとして売られているドジョウの正体は、マドジョウが特別変異で色が黄色くなった個体を固定したものであり、その場合は、通常のドジョウと同じ環境と方法で飼育することが出来ますので、飼育難易度は大変容易な魚の一つになります。

万が一、アジメドジョウが突然変異をして黄色くなったアジメヒドジョウと言った黄色いドジョウであれば、飼育環境は大変シビアになり水温は20度以下に保ちつつ、強力なろ過フィルターも設置しないといけないのですが、今まで見たことはありません。

他にもホトケドジョウやスジシマドジョウ等もいますが、一般的にペットショップやホームセンター等で売られているヒドジョウと言えば、マドジョウの体の色が黄色くなったドジョウなんですけど、念のため購入時にドジョウの形状をよく確認しておきます。

 

 

ヒドジョウの飼育方法はマドジョウと同じなので初心者向きです。

 

ヒドジョウは普通のマドジョウと同じなので、飼育方法も他の魚よりもかなり優しくなっていて、初期導入時のジャンプにさえ注意しておけば、誰でも飼育することが出来る魚ですから、恐らくあらゆる魚の中でもヒドジョウは初心者の人向けの魚になります。

ヒドジョウを購入する際には、ある程度ろ過フィルターが機能している水槽であり、ヒドジョウがジャンプをして干物になってしまわないような環境を作る、いわゆるフタが水槽についていれば良くて、後は適当にザリガニの餌などを与えていれば大丈夫です。

ネックとしてはヒドジョウはドジョウよりも価格が高いので、数匹購入すると水槽が購入できる位の価格になってしまいますので、購入時には慎重になってしまいがちですが、滅多なことでは死なない魚ですから、興味を持ったら購入をしても良いですね。



おせちの予約なら→札幌グランドホテル監修 おせち特集

お勧め何でも電話相談→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme