ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

ブラインシュリンプでメダカの稚魚の生存率が高くなる理由

メダカの稚魚の飼育をする際に、最も気になるのは生存率になるかと思いますけど、その生存率を高くする方法は色々とありますので、状況により改善方法を試してみると良いのですが、その中でもブラインシュリンプを餌として与えると結構効果的です。

ブラインシュリンプをメダカの稚魚の餌として与えた場合、室内の環境でも屋外の環境でも、環境に依存せずにメダカの稚魚の生存率を大きく高める事ができますので、もしメダカの稚魚の生存率が低いな?と困っている人がいれば、是非検討してみましょう。

ブラインシュリンプと言うのは、ホームセンターや熱帯魚を扱っているペットショップに行けば必ず売られているプランクトンのことであり、卵の状態でパッケージングされていますので、それを毎日孵化させてからメダカの稚魚たちに餌として与えるのです。

スポンサードリンク


 

 

ブラインシュリンプでメダカの稚魚の生存率が高くなる理由。

 

ブラインシュリンプを餌として与えると、メダカの稚魚の生存率が高くなる理由はとても簡単で、大変栄養価が高い餌であることに加えて、ゆっくりと水槽の中を移動しますので、あっという間に水槽全体にブラインシュリンプが泳いでいる状態になります。

そうなると、餌を食べるのが下手なメダカの稚魚であっても、まんべんなく餌を食べる事ができますので、メダカの稚魚が死んでしまう最大の原因である餓死を避けることが出来ますので、ブラインシュリンプを餌として与えると生存率が大きく高くなります。

例えば、サテライトLでメダカの稚魚を飼育している場合、粉末状のメダカの餌を与えると、泳ぐのが下手で餌取りも下手なメダカの稚魚の場合は中々餌を食べることが出来ずにそのまま餓死してしまうこともありますし、沈んだ餌も上手く食べれません。

 

 

水槽の中全体でブラインシュリンプが泳ぎまくるとエサ取りが容易。

 

実際にブラインシュリンプをサテライトLの中で飼育しているメダカの稚魚たちに与えてみると、何処を泳いでいてもメダカの稚魚たちの目の前にブラインシュリンプがゆっくりと移動している状態になりますので、簡単に餌を食べる事が出来る状態です。

スポンサードリンク



たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


餌の方からメダカの稚魚たちの方に自分たちが餌であることをアピールしてくれる訳ですから、生まれつきエサ取りが得意でなくて泳ぐのが下手な個体であっても、何とか餌にありつける状態になりますから、餌が食べれずに餓死をする個体が大幅に減ります。

ですから、色々とメダカの稚魚の生存率を試してみても、何度やっても上手く行かない場合は餌をブラインシュリンプに変更しただけで簡単にメダカの稚魚の生存率が高くなることがありますし、これは他の魚の稚魚でも同様ですから試す価値はあります。

 

 

ブラインシュリンプの餌が多くの人に広まらない理由とは?

 

ブラインシュリンプは確かに栄養が豊富な上に泳ぐので水槽全体に行き渡ることにより、エサ取りが下手なメダカの稚魚でも容易に餌を食べることが出来るようになりますので万能な餌の代表格なのですが、殆どの人が扱っていないのには理由があります。

それだけ栄養価が高くて、稚魚の生存率が高くなる餌だったら、もっと多くの人がブラインシュリンプを餌として扱っているはずなのですが、実際にはブラインシュリンプをメダカの稚魚に与えている人は少数派になりますので、何か原因があるわけですね。

ホームセンターに行けば売られているブラインシュリンプを見ても、別に価格もそれほど高くありませんから金銭的な事情ではないことはすぐに分かるのですが、実はブラインシュリンプは孵化させる手間暇が大変で、それを毎日になると本当に疲れます。

何しろ、毎日ソルトを使って塩分濃度5%以上の汽水を作り、その中にブラインシュリンプの卵を入れて24時間以上の時間をかけて孵化させて、それから卵の殻とブラインシュリンプを分離する作業を行うことになりますので、これが本当に大変なのです。



おせちの予約なら→札幌グランドホテル監修 おせち特集

お勧め何でも電話相談→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme