ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

ドジョウの寿命が5年から10年以上と幅広い結果になる理由

ドジョウの飼育についてご相談を頂くことがあるんですが、その中でもドジョウの寿命について幅広い意見を持つ人が多くて、ある人は5年間といい、ある人は15年間といいドジョウの寿命について大きな開きがあるのは一体何故なのか疑問を持たれています。

当然ですが、これからドジョウを飼育したいと思っている人は、ドジョウの寿命が気になる人も多い訳ですが、飼育したことがない人であれば、寿命について知る由もありませんから、既にドジョウの飼育をしている人の意見を参考にしたいのは当然の話です。

そこで、今回、ドジョウの寿命について、聞く人によっては全然異なる回答が何故発生するのか?、誰かが嘘を言っているのか?、ドジョウの本当の寿命は何年間なのかについて、分かりやすく初心者の方にご説明させていただきたいと思います。

スポンサードリンク


 

 

ドジョウの寿命が5年から10年以上と幅広い結果になる理由。

 

最初に、ドジョウは大変生命力が強くて、魚の中でもかなりの寿命が長い事で有名ですから、ドジョウが死んでしまう理由は大抵は天敵に捕食されてしまうこと位で、田んぼの水がなくなったら地面の奥深くに潜り込んで冬眠をして生き延びるくらい魚です。

そのようなドジョウですから、寿命は5年以上生きるのは当たり前の話になっていて、水槽で飼育をする場合で管理者の水槽管理が適切な場合でしたら、簡単には死なない魚になりますので、寿命は5年10年と魚の中でもかなりの長生きをする種類になります。

人によってドジョウの寿命が異なるのは、5年を超えると残りの寿命は個体差や飼育環境に大きく左右されることが多くて、人間と同じで最高の環境で何不自由なく育てているドジョウであれば、当然寿命が長くなりますし、その逆は短くなる傾向にあります。

スポンサードリンク



たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


 

 

ドジョウの寿命が10年以上の人は飼育環境が大変良いのです。

 

仮にドジョウの寿命は一年間しかないと主張する人がいれば、その人の水槽の環境は残念ながら最悪の環境であり、管理者としては参考にならないような劣悪な環境でしょうからドジョウが短期間で死んでしまうような環境の人の意見は全く当てになりません。

それとは反対にドジョウの寿命が10年間を超えている人の環境は、ドジョウにとってかなり過ごしやすい環境を長期間に渡って維持しているということですから、これからドジョウの飼育をする人には参考になる話が多いので色々と相談してみると良いです。

基本的にドジョウの飼育方法は極めて簡単で、背が高い水槽の中に大量の荒木田土を敷き詰めておき、田んぼに近い状態で浮草などを浮かべておけば、長期間に渡って飼育することが出来ますので、これで5年以内にドジョウが死んでしまうことはありません。

 

 

ドジョウの寿命が15年以上になると流石に世代交代かもしれない。

 

実際にドジョウの寿命は普通に10年以上は持ちますし、金魚やプレコ、ナマズや錦鯉なども寿命が長くてドジョウと同等かそれ以上の寿命があるんですけど、流石に巨大な錦鯉とナマズの寿命は桁違いであり、50年以上とかって普通に言われていますね。

ドジョウの場合は錦鯉やナマズのように50年以上は生きないですし、15年以上になるとそこまで育てたことがないので分からないのですが、恐らくは水槽の中で繁殖を繰り返して世代交代をしていると思われますから、正しい寿命ではない可能性が高いです。

ただ、実際にドジョウを20年以上飼育させることも可能なのかもしれませんが、その確認には当然ですが20年以上の時間がかかることから、普通の人が事実確認を行う事は大変難しいので、確認できている10年以上の寿命までは大丈夫で良いと思います。



おせちの予約なら→札幌グランドホテル監修 おせち特集

お勧め何でも電話相談→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme