ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

ホームセンターで水槽台を購入する注意点は想像以上の重さ

水槽を購入する際に殆どの場合で合わせて必要になるのが水槽台になるのですが、頑丈な下駄箱があるご家庭でしたら、下駄箱が濡れないように注意しておけばその上に水槽を設置することが出来ますので、その場合は水槽台がなくても問題ありません。

ただ、大抵の場合、水槽台がないとフローリングや畳の上に水槽を設置することになりますので、現実的には観賞用に適さなくなることや掃除機などをブツケてしまって水槽を破損してしまう可能性が高くなりますので、同時に水槽台を購入するのが普通です。

水槽台を購入する際には水槽の大きさにマッチした専用の水槽台を購入することになりますのが、一般的な大きさの水槽台は90㎝水槽くらいまでであり、それ以上の大きな水槽台を購入する場合は、特注品で受注生産のような流れで購入を行います。

スポンサードリンク


 

 

水槽台をホームセンターで購入する際の注意点について。

 

水槽台を購入する際には、最近ではインターネットで購入する人も増えてきているのですが、正直言って水槽台だけはインターネットで購入するのが一番お勧めな購入方法であり、合わせて水槽もネットの通販で購入する方法が一番のお勧めな方法です。

その理由としては、水槽台というのは見た目が軽そうに見えるかもしれませんが、大変重くて普通の人では持ち運ぶだけでも大変であり、車があれば載せて持ち帰ることも出来るのですが、組み立て前の大きさでもかなり大きくて簡単に移動ができません。

水槽でもそうですけど、30㎝キューブ水槽であれば、何とか車に持ち込んで持って帰る事が出来るのですが、60㎝水槽になるとそれも難しくなることも多くて、90㎝水槽になれば車に持ち込んで持って帰るのは普通の車や人では不可能な大きさになります。

 

 

水槽台は想像以上に重たいのでホームセンターよりもネット通販。

 

水槽台の重さについては梱包前のダンボールがホームセンターのペットショップ売り場にお帰れているでしょうから、それを手にとってみて、持って帰れるようでしたらホームセンターで購入してもよいのかもしれませんが、現実的には結構厳しいですね。

スポンサードリンク



ホームセンターで水槽台を購入すると価格が高いことが多いので、送料なども無料になることが多いアマゾンなどのネットショップで水槽台を購入しておいた方が、料金も安くて重たい荷物を扱わないくて良いと言った特徴があるのも最大のメリットです。

水槽台は見た目以上に重たいことが多いですから、それを考えるとネットショップで購入しておいた方がよく、ペットショップやホームセンター等では実物を見る確認程度にしておき、気に言った水槽台があれば自宅に帰ってアマゾンで購入しておきます。

 

 

木製の水槽台よりも鉄製の水槽台なら軽いので持ち帰りも可能。

 

ホームセンターで水槽台を購入する場合、重たい水槽台の殆どが木製の組み立て式の水槽台であり、鉄製の水槽台の場合は意外に重さが軽いので、自転車に乗せて持って帰れるくらいですから、過去に何度か購入したことがありますが、全然余裕です。

ただし、鉄製の水槽台は見た目の問題があり人によっては受け付けないこともありますから、その場合は木製の水槽台を選ぶことになるのですが、木製の水槽台は重さが重くて組み立てる前の梱包状態でも持ち帰りが難しいことが在るのが特徴的ですね。

水槽台については、水槽よりも先に購入しておくか水槽と同時に購入することが多い飼育器具ですし、殆どの人が購入することになるのですけど、重さについてはネットで見ているだけでは分からないですし、展示されている水槽を見ていても分かりません。

ホームセンターで水槽台を購入する場合、必ず重さを確認しておき、もし帰る途中でダウンしてしまわない重さでなければ購入してもよいのですが、持ち帰りが難しい場合は現物確認をする程度にしておき、価格が安いアマゾンで購入するのが良いでしょうね。



お勧め何でも電話相談→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

車を高く売却するなら→車を高く売る方法

スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme