ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

メダカの次にディスカスの飼育を気軽に始めないほうが良い理由

メダカの飼育に慣れてくると次は繁殖を楽しむようになり、その後はメダカ以外の魚の飼育もしたくなってくる人も多いのですが、メダカの飼育と繁殖が行えるようになっていてメダカが増えすぎて困っている人であれば大抵の魚の飼育をすることが出来ます。

それで、メダカの次に飼育する魚を探す為に、近くのホームセンターやペットショップに行ってみると、淡水魚コーナーに石鯛のような丸くて平べったいデザインのディスカスという魚がベアタンクの水槽に展示されて販売されているのを見ることでしょう。

ペットショップやホームセンターで販売されているディスカスは結構小型の物が多くて、見た目もメタリックな光沢のある色をしていて水槽の中をゆっくりと泳いでいるので、メダカの水槽に追加するのにちょうどいいかもしれないと思う人もいるでしょう。

スポンサードリンク


 

 

余程興味がないとディスカスの飼育はあまりお勧めできない理由。

 

一時期はディスカスの事を熱帯魚の王様と専門誌などが積極的に扱っていた時期があり、大いにブームを作りたかったのかもしれませんが、ディスカスが日本国内でブームになることはなくて、一部の愛好家が好んで飼育をするにとどまった魚です。

その為、ディスカスのブリードで利益を出そうとしていた人たちは肩透かしを食らった形なったのですが、結局はメディアがブームを作ろうとしても、それに乗っかるくらいの情報弱者すらいないのがアクアリウムの業界ですから、市場規模が小さいのですね。

ディスカスが流行らなかった理由は簡単で、見た目がきれいな魚で堂々と水槽の中を泳いでいるのですが、飼育難易度が高くて魚自体の価格も高いことや、単独飼育が基本のため、余程思い入れがない人の場合はすぐに飽きてしまうだけの簡単な話です。

 

 

ディスカスに思い入れがあり最後まで飼育する人なら買いです。

 

メダカの場合は増えてきたら屋外で飼育をしたり、他の魚と同居させて飼育をすることが出来るのですが、ディスカスの場合は、高さのあるある程度大きな水槽が必要になり、水温管理と水質管理が結構シビアなので、メダカのような感覚で飼育できません。

スポンサードリンク



たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


また、価格も高くて死んでしまった場合はまた購入する気にもなれない初心者の人が多いですし、単独飼育(ディスカスのみ)が基本になりますので、プレコを追加したり、メダカを追加したりも出来ませんから、一般の家庭でそのような余裕もありません。

90㎝水槽が水槽クーラー付きで設置できて、その水槽をディスカス専用に用意できる人なら良いのでしょうけど、普通の家庭では60㎝水槽が精一杯であり、出来ればその中でいろいろな魚を飼育したい人が多く、ディスカスとは方向性が違いますからね。

 

 

ディスカスを購入しそうになったらよく考えてから購入します。

 

ディスカスはホームセンターでもペットショップでも、結構目立つ位置に展示されていることが多くて、小型のものをみれば、メダカと同じ水槽で飼育ができそうなのですが、当然メダカやミナミヌマエビは餌になってしまいますので追加はできません。

また、ディスカス専用に90㎝水槽を用意できるくらいでないと長期的な飼育は難しくて、ディスカスの繁殖をさせる場合は更に難しくなりますので、メダカの次に飼育したいと思って気軽に購入してはいけない魚に分類されますから、慎重に判断をします。

ディスカス自体はターコイズブルー等の綺麗な個体もたくさん売られていますし、実際にはなれてくれば飼育も難しくない魚なのですが、そのような魚が何故ブームにならなかったのかをよく考えてみて、メダカの次に購入するべきなのかも考えてみて下さい。

ディスカスの長期飼育と繁殖で一番の問題なるのは、90㎝水槽を設置できるスペースがあるのか、水槽クーラーを用意できるのか、ハンバーグなどの餌を購入できる資金があるのか、等ですからそれをクリア出来る経済力があるかどうかが重要になります。



おせちの予約なら→札幌グランドホテル監修 おせち特集

お勧め何でも電話相談→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme