ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

ブラインシュリンプの卵を通販で購入しても大丈夫?

メダカの稚魚も大好きな最高の餌であるブラインシュリンプは、殆どの場合で卵の状態で未開封にアルミの袋でパッケージングされて売られていますので、それを購入して毎日必要な分だけ孵化させてから、餌として飼育している魚に与える必要があります。

ブラインシュリンプの卵は大変耐久性が高くて、卵の状態でもテトラのブラインシュリンプの卵で言えば、5年間の消費期限がありますので、その間は未開封で保管していたのでしたら、普通に孵化させることが出来るのですが、やはり個体差もあるようです。

5年間保管していても、孵化させることが出来るブラインシュリンプの卵もあれば、消費期限内なのに、何回やっても孵化させることが出来ない卵もあるようで、運悪く日付がかなり経過していてあまり孵化しないパッケージを買ってしまったらどうするのか?

スポンサードリンク


 

 

ブラインシュリンプの卵を通販で購入しても大丈夫なの?

 

ホームセンター等で購入する時には製造年月を確認してから、ブラインシュリンプのパッケージを購入できますから、あまり間違いはないのですけど、問題は通信販売で購入する場合であり、あまり古いパッケージは売らないと思いますけど補償もありません。

ただ、これまでの経験上、製造年月から5年間は消費期限がありますから、流石に5年間も仕入れたブラインシュリンプの卵が売れないお店は倒産しているくらいの話でしょうから消費期限が切れたブラインシュリンプを送ってくる業者はいないとは思います。

よって、消費期限切れのパッケージを送ってくる通販業者はいないでしょうけど、ブラインシュリンプを購入後は、念のためパッケージを確認してから製造年月日と消費期限を確認しておき、万が一期限を過ぎているような古い場合は連絡をしておきます。

何回やっても孵化しないブラインシュリンプの卵もあれば、簡単に孵化するブラインシュリンプの卵もありますけど、大抵それらはパッケージ単位で決まっているようで、ブラインシュリンプが全く孵化しない場合、そのパッケージの他の卵も孵化しません。

スポンサードリンク



 

 

5年経過しても孵化する卵もあれば期限内でも孵化しない卵もあります。

 

実際に、消費期限が切れるまで未開封で保管していたブラインシュリンプの卵、開封済みで冷蔵庫で保管していたブラインシュリンプの卵、新しく購入したブラインシュリンプの卵を孵化させてみたことがあるんですけど、消費期限だけの話ではないようです。

5年間の消費期限が切れるまで保管していた卵は、孵化率はそれ程ではないかもしれませんが、普通に孵化していましたから、想像以上にブラインシュリンプの卵は耐久性が高いことがわかりましたが、新しく購入した卵でも孵化しにくい卵もありました。

全て全く同じ環境で孵化させていますので、環境の違いによる誤差はないかと思いますし使っているペットボトルやエアーポンプ、ソルトの種類や量も全く同じなので、やはりパッケージごとに孵化しにくいとか孵化しやすい個体があるような気がしています。

 

 

ブラインシュリンプが孵化しない場合は業者に苦情を入れるべき?

 

ブラインシュリンプの卵自体はそれ程高い買い物ではありませんし、殆どの場合で孵化しない事はありませんが、稀にハズレのパッケージもあるようで、それを買ってしまうと消費期限内でも孵化しにくいことが多いので、気になったらまた購入します。

それほど高い買い物ではないのと、見た目では判断ができないこと販売した業者からすれば、購入者の手違いで孵化させれないのか商品に異常があるのか判別がしにくいこと手間隙を考えたら再購入をしたほうが早いことから、苦情は入れないほうが無難です。

孵化しない原因が実は、自分に環境が間違っていたとか、ソルトの量を間違えていたとかそちらの原因や卵の個体差による環境の違いなどもないわけではありませんから、それを考えてみても、必要以上に業者に苦情を入れるのは控えておいたほうがお得です。



お勧め何でも電話相談→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

車を高く売却するなら→車を高く売る方法

スポンサードリンク





Updated: 2017年6月15日 — 6:13 PM
ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme