ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

メダカが他のメダカをつっつくのは何故?|縄張り

最近メダカの飼育を始めた方からのご相談なんですが、なんでも水槽内のメダカが他のメダカを突っつきまくっているので、喧嘩をしているのではないか?、大丈夫なのか?、どうしたらいいのか?、と言った感じのご心配をされているようです。

これは、多分、初めて見た方でしたら同様に驚く方も多いでしょうし、水槽内でメダカが喧嘩をしているように見えますので、おとなしいはずのメダカが他のメダカを突っつきまくっているのを見て、何が起こっているのかわからないのも当然といえます。

ただ、別にこれは特別な状態になっているわけでもなくて、メダカの習性のようなものですし、メダカに限らずプレコなどの魚でも同じように見ることが出来る、同種間同士の縄張り争いが発生している為、突っつきまくる行動をメダカがとっています。

スポンサードリンク


 

 

突っつきまくるメダカの縄張り争いは必ず発生するの?

 

めだかの学校という有名な歌がありますけど、その歌の中ではメダカはとてもおとなしい魚であり、そっとのぞいてみてごらん・・・との歌詞の通り、メダカは仲良しで群れになって泳いでいるイメージしかありませんが、実際には違ってきます。

自然界では、メダカは群れになって泳がないと他の天敵に襲われやすい弱い魚になりますから、常に群れになって泳いでいる訳なんですけど、水槽の中でも同じで、メダカは群れになって泳ぐこともありますし、狭い空間なので勝手に泳ぐこともあります。

しかし、水槽に投入した後のメダカ達は、その環境に慣れてくると、流木の周辺とか水草の周辺など、居心地が良い場所を独占したいと考える個体が出てくるようで、他のメダカたちと仲良くその場所を共有しようと言った考えは全くありません。

スポンサードリンク



たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


自分が気に入った水槽内の空間に対して、自分の領土である事をアピールするために、執拗に他のメダカをつっつき回すようになる個体が出てくると、その周辺には必ず縄張りになるような、居心地が良い空間がありますので、縄張りが発生しているのです。

 

 

メダカの縄張り争いは放置しておいても大丈夫なの?

 

メダカの縄張り争いの場合、大抵は一番強い一匹の個体が、その周辺の縄張りの所有をアピールしている為、派手に他のメダカを突っつきまくっている訳なんですけど、別に飼育者は何もしなくても良くて、放置しておいても構いません。

メダカの場合、縄張りの争いで突っつきまくるといっても、プレコ等のように熾烈な縄張り争いになり、ストレスで弱い個体から死んでしまうような状態になることはありませんので、そのまま放置しておいても特別に困ることはないですからね。

初めてメダカが他のメダカを突っつきまくる現場を見た人や、小さなお子さんがその現場を見た場合は、びっくりしてしまって何がどうなっているのかわからないと思うかもしれませんが、単純な縄張り争いになりますので、特に心配は不要です。

メダカが他のメダカを突っつきまくるのを止めさせたい場合は、縄張りの原因になっている水槽内のレイアウトを変更するか、縄張り争いが出来ないほどの多くのメダカを水槽に入れるかになりますので、どちらかの方法で対策をとれます。

メダカ同士が突っつきまくる等の縄張り争いをしている時点で、水槽内にはまだまだ飼育できる個体数に余裕があるということですから、必要であれば、飼育するメダカの個体数を増やしていくと良いですけど、あまり気にしなくても大丈夫です。



おせちの予約なら→札幌グランドホテル監修 おせち特集

お勧め何でも電話相談→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme