ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

テナガエビを飼育したくなった場合の入手方法と注意点

日本原産の淡水エビで最強最大のエビと言えば、ご存知テナガエビになるんですけど、これは本当に巨大であり、ヤマトヌマエビの比ではありませんので、見ればすぐにテナガエビであると誰でも分かる分かりやすいエビになっております。

テナガエビの特徴としてはその巨大なハサミであり、見るからに凶暴そうなエビなんですけど、実際に見たまんまの凶暴で肉食性のエビですから、釣りの対象としてスルメなどを使って東京の河川でテナガエビを釣っている人もよく見かけます。

テナガエビの場合は、ミナミヌマエビやスジエビなどとは異なり、網ですくって捕獲するのではなくて、釣りの仕掛けにスルメなどをつけて釣り上げる方法で捕獲していくのが基本ですから、それが出来るのも大きいことと凶暴であるからこそなのです。

スポンサードリンク


 

 

川で捕まえたテナガエビの複数飼育は大変難しい。

 

このテナガエビの飼育については、以前やったことがあるんですけど、水槽内で複数のテナガエビを飼育する場合、それが大変難しくて、いわゆる共食いや喧嘩を始めてしまって、最後の残るのは最も強い一匹だけになることがよくあります。

相当大きな水槽で隠れ家もしっかり作っていれば別なのかもしれませんが、60cm水槽でテナガエビを10匹程飼育いてみると分かるんですけど、あっという間に個体数が減っていき、最後には最も強い個体が生き残ることになるのはハゼとよく似ています。

テナガエビはハゼと自然界で生息している環境が共通している部分が多いですから、似たような生態になっているのかもしれませんけど、元々小さな水槽で飼育するエビではないでしょうから、通常であれば単独飼育をする感じでしょうか?

 

 

テナガエビはどこでも気軽に売られているエビではありません。

 

突然、日本の淡水エビで最強の大きさを誇っているテナガエビの飼育をしたいと思った場合、恐らくはその辺のホームセンターに行っても水槽内でトラブルを起こすため、日常的に販売されていることが少ないので、気軽に近場で購入するのは難しいエビです。

スポンサードリンク



また、テナガエビを飼育用に購入しようとする人自体が殆どいませんので、価格が高くても人気があるレッドビーシュリンプであったり、価格が安くて温和でコケと利用として使えるミナミヌマエビのように、テナガエビの場合は何処のホームセンターでも売られている訳ではありません。

早い話がテナガエビの場合は他の淡水エビとは異なり、飼育目的ではなくて食用目的として市場で流通しているエビですから、コケも取らないし見た目も綺麗ではないし、単独飼育が基本のこの凶暴なエビを望んで飼育する人はかなりの少数派になる訳ですね。

私も一応その少数派に入っていましたが、今はテナガエビの飼育はしていません。

 

 

テナガエビを飼育したい際の入手方法について。

 

このようなテナガエビを入手したい場合は、今ならネット通販で有名なチャームさんが1年を通して大抵は販売していますので、そちらで購入してもよいのでしょうけど、テナガエビの場合、都内でしたら川に行けば簡単に誰でも簡単に釣ることが出来ます。

一応、テナガエビにもポイントと言うものがあり、ハゼと生息域が被っている感じで、流れが緩くてテトラポッドの沢山つまれているような河口がそのポイントになっていることが多いんですけど、テナガエビの釣れる場所はネットで調べればいくらでも出てくるはずです。

別にレアな釣り対象ではないので、多くの人達がテナガエビの釣れるポイントを公開してくれていますから、お近くにそのポイントが有るのであれば、一度出かけて釣ってみるのも良いですし、それが面倒なら最初からチャームさんで購入すると良いでしょう。

ただし、飼育の際には基本は単独飼育で育てる事になりますし、オスとメスそ入手しても、ヤマトヌマエビと同じくゾエアタイプの産卵をしますから、クローズされた水槽でゾエアを育てるのはヤマトヌマエビ同様に難しいと思っておいたほうが良いかと思います。



お勧め何でも電話相談→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

車を高く売却するなら→車を高く売る方法

スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme