ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

日本原産で食べても美味しいエビ|小菅村のテナガエビ

日本には元々自然に生息しているエビが沢山いますが、実際の種類はそれ程多くはなくて、数は圧倒的に多くても、種類は実は同じ種類のエビだった・・・、そのような状況ですから、北海道等の寒い地域を除けば、日本中何処でも同じようなエビを捕まえることが出来ます。

それで、日本に元々生息していたエビというのは、ご存知ミナミヌマエビ、ヤマトヌマエビ、スジエビ等になり、大抵は小さな川や沼で見かけるエビはミナミヌマエビかスジエビになります。

ゾエア幼生で繁殖をするヤマトヌマエビに関しては、その性質上、大きな河川でしか繁殖できませんので、小さな小川とか沼地などで見かけることは先ずありませんから、もしそのような場所でヤマトヌマエビを見かけたら、多分放流された個体です。

スポンサードリンク


 

 

おいおい、もう一つあのエビを忘れていない?

 

ここで、多分、気がついた人もいると思いますけど、日本の河川にはミナミヌマエビ、スジエビ、ヤマトヌマエビよりも遥かに大きなエビがいて、そのエビの名前をあえて出していなかったのですが、そのエビこそがテナガエビになります。

この、テナガエビというのは、汽水域などでも生息をしていて、分かりやすく言えば、ハゼが釣れるような河川でしたら、大抵簡単につれますから、昔からハゼと並んでテナガエビの釣りも庶民の楽しみ方の一つになっています。

テナガエビの特徴として、巨大なハサミを持っており、その大きさもミナミヌマエビやヤマトヌマエビのと比べれば相当大きいので、このエビは古くから食用として利用されており、実際に釣って持って帰って飼育ではなく、食べている人も多いのです。

 

 

日本の淡水エビで唯一食用目的で捕獲されるテナガエビ。

 

日本の淡水エビの中で、最初から食べることが目的で捕獲されるエビは、恐らくテナガエビだけではないかと思うのですが、もし、ミナミヌマエビ、ヤマトヌマエビ、スジエビを食用として捕獲している方がいれば教えてほしいくらいです。

ただ、スジエビに関しては、かき揚げとして調理するため、以前、積極的に捕獲をしている個人の方がいるのは見たことがあるのですが、それは、あくまで個人レベルの話であり、商業的に飲食店が食材として利用しているのはテナガエビではないでしょうか?

スポンサードリンク



ミナミヌマエビやヤマトヌマエビに至っても、食用で捕獲や繁殖されている話は聞いたことがありませんので、食べようと思ったら食べれるのでしょうけど、別に食べないといけない理由もないので、誰も食べない・・・多分こんな感じです。

 

 

日本の淡水エビで食べても美味しいエビはテナガエビ。

 

実際に、日本原産の淡水エビの中で食べても美味しいエビと言われても、食べたことがあるのがテナガエビだけなので、正しい評価が出せるかは微妙とは言え、多分、ミナミヌマエビやスジエビをあえて食べようとも思いませんし、飲食店でもメニューにないので、テナガエビをお勧めするしかない状態です。

では、テナガエビを食べるには何処に行けばいいかと言えば、普通のスーパーでは扱っていませんし、コンビニに行ってもテナガエビ弁当などはありませんので、日本料理専門店に行くか、地方の旅館などに行くかになるでしょうか?

私が実際にテナガエビを食べているのは、山梨県の小菅村にある、「小菅の湯」という温泉施設内のレストランで、そこではイワナのハンバーグとか、岩魚の刺身、それらのメニューと並んでいたテナガエビの天ぷらも併せて注文していつも食べていました。

 

 

山梨県の小菅村にある小菅の湯に行ってテナガエビを食べよう。

 

小菅の湯は本当に、こんな場所にこんな施設があるの?、と思えるような山奥にありますので、車でないと恐らく現地に行くのは不可能なため、簡単にはいけませんし、アルコールも運転があるので飲めないのですが、ここで食べたテナガエビはアルコール無しでも大変美味しく頂くことが出来ました。

興味があれば、是非、一度、山梨県の山奥にある小菅の湯に出かけ、日本の淡水エビで多分いちばん美味しいであろう、テナガエビを注文して食べてみて下さい。

1月から3月くらいまでは道路が凍結をしていて、大変危険なこともあるので、911GT3のような高馬力のMR車、RX7のような高馬力のFR車で行く際には、車高が低いとバンパー下を擦ったり、運転しているとリアが流れたりしますからご注意下さい。

http://kosugenoyu.jp/



お勧め何でも電話相談→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

車を高く売却するなら→車を高く売る方法

スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme