ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

金魚に食べられない最強のエビ|遂にあのエビの出番ですか?

今回は、金魚を飼育している方からご質問を頂きまして、その内容については、現在飼育している金魚に食べられないエビを教えてほしいとのご質問内容なのですが、このご質問は簡単そうに見えて実は簡単ではありません。

なぜなら、金魚と言っても大変種類が多くて、更に金魚の大きさによっても状況が変わってきてしまうため、単純に金魚に食べられないエビといっても、種類と大きさ、飼育環境が分からないと答えることが出来ないからです。

また、基本的に金魚は雑食なので、メダカだろうがエビだろうが、水草だろうが成長するに連れて片っ端から食べてしまう魚であることを憶えておく必要があります。

スポンサードリンク


 

 

レッドビーシュリンプは金魚と飼育はほぼ100%不可能。

 

ただし、数あるエビの中でも一番有名であろうレッドブーシュリンプに関して言えばは、一般的な金魚を飼育している水槽環境でしたら、ほぼ100%の確率で飼育不可だと思って下さい。

その理由としては、やはり体の大きさが小さいこと、色が目立つ模様であることから、必ず真っ先に金魚から餌として認識されてしまう可能性が高い事が理由になります。

更に重要なのが、レッドビーシュリンプの場合は飼育環境が大変シビアであり、金魚に合わせた水槽環境では、例え、食べられなくても、水質が合わないことから、早くて当日にも全滅してしまう可能性があるからです。

多分、金魚とレッドビーシュリンプを同じ水槽で飼育している人って、私も一度も見たことがありませんから、実際に世界的に見ても殆どいないんじゃないでしょうか?

スポンサードリンク



 

 

小さい金魚であればヤマトヌマエビ一択でしょうか?

 

ピンポンパールのように小さくで動きが遅い金魚であれば、ミナミヌマエビも同居は可能ですし、小赤と呼ばれている1匹50円くらいの金魚でも小さい頃なら同居は可能なのですが、成長が早くてあっという間に大きくなるためミナミヌマエビは餌になります。

ですから、唯一安定して同居できるエビとなると、体が大きい成長したヤマトヌマエビ位であり、ヤマトヌマエビの場合は、本当に大きく成長する個体がいるためそれなら金魚との同居も可能になるのですけど、金魚が更に大きくなると怪しくなります。

 

 

金魚がヘビー級の場合はテナガエビの出番でしょうかね・・・。

 

案外知らない人も多いんですけど、金魚は元々はフナが突然変異をした魚ですから、金魚すくいの金魚も20cmから30cmくらいに成長する個体もいて、そうなってしまった場合は、ヤマトヌマエビでも厳しくなるおそれがあるので、もうザリガニかテナガエビクラスのヘビー級の出番になりますね。

ただし、ザリガニやテナガエビの場合は、逆に成長していない金魚を襲ってしまうこともあることから、金魚と同居できるエビについては、その金魚の大きさと種類、水槽環境によって変動することになりますので、3メートル水槽でもお持ちでない限りは、状況に合わせて金魚とエビの組み合わせを変えていくことになります。



お勧め何でも電話相談→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

車を高く売却するなら→車を高く売る方法

スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme