ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

飼育に慣れてきたら白メダカが1番お勧めな理由

飼育する基本的な知識がない場合は、案外うまく飼育ができないとか、繁殖ができないこともあるのですが、基本的な事さえ分かっていれば、とても簡単に飼育ができるのが、ご存知メダカになります。

これについては、ミナミヌマエビにも該当しますし、ヒメタニシなどにも該当するのですが、早い話が日本に元々生息している一般的な魚やエビの場合は、基本的な事さえ理解しておけば、その後の飼育はとても簡単に行えるという事です。

 

 

メダカは飼育者の用意した環境の限界まで増え続けます。

スポンサードリンク


 

そんな訳で、一度繁殖がうまく行き始めると鼠算式にその個体数が増えていく事になる、メダカなのですが、別に面倒な事は全くなくて、単純に屋外水槽で適当に飼育をしていれば、あとは勝手に増えていってくれます。

ただし、安定してメダカが増え始めると、飼育者の環境次第ではもはや水槽を追加できないくらい大量に増え続ける事になり、どうしたものかと頭を抱えてしまう事になるのですが、用意している水槽のキャパを超えてメダカが増える事はありません。

 

 

飼育に最も最適な水槽容器は見た目に問題がある事が多い。

 

しかし、夏場の時期に設置できる範囲いっぱいを使って、ダイソーの百円のバケツをたくさん並べてメダカの稚魚を育ててみたものの、いつまでもこの様にバケツを沢山並べているのは流石によくない・・・と感じるものです。

正直言って、発泡スチロールやバケツというのは、見た目があまり良くありませんから、それらを一時的にベランダや庭先に設置できる限界まで並べてメダカを育ててみたものの、いつまでもこの環境で飼育はできない状況になるものです。

 

 

自分で卵から育てたメダカを餌にするのには抵抗がある?

 

そこで、増えすぎたメダカをどうするのかと言えば、室内水槽に移動させるにしても限界はありますし、大型の魚を飼育しているなどでしたら、メダカは餌に丁度良いため、そうすれば良いのですが、卵から育ててきたメダカを餌にするのにも抵抗があります。

スポンサードリンク



さて、困った状況になってしまう訳ですが、その場合はメダカを売ればお金になるのでは?と一瞬考えるのですけど、正直言って個人レベルで増えすぎたメダカを販売しようとしても、ボランティア活動になり、赤字になる事の方が多いのです。

 

 

増えすぎたメダカは親しい面識のある友人にプレゼントがお勧め?

 

専門業者の様に巨大な池などで桁違いのメダカの個体数を飼育しているなら別でしょうけど、個人レベルのメダカの飼育数というのは、いくら増えすぎたと言っても専門業者の足元にすらおよぶものではありません。

特殊なメダカでしたら、商売として成り立つのでしょうけど、その様なメダカは滅多に誕生する事はなくて、殆どが通常の形状や色をしたメダカばかりですから、ネットオークションなどで売りに出しても対して売れるものでもありませんし、売れば赤字で終わります。

そこで、一番いいのが親しい友人などに無料で配布する事になるのですが、この場合は無料でプレゼントする訳ですから、何か利益になる事はないのですけど、親しい人限定で行えばトラブルになる事もありません。

 

 

今年も白メダカが欲しい人が圧倒的でした。

 

今年も増えすぎてしまったメダカを友人たちに配布しようと思い、どれがいいのか?を聞いてみると、やはり、白メダカが圧倒的な人気であり、他のメダカはいらないので、白メダカだけ譲って欲しいといった意見が大半を占める事になりました。

餌用としてならヒメダカにも需要はあるのですけど、メダカの飼育に全く関係がないし興味もない人の場合、庭先の睡蓮鉢や玄関先の水場の色が冴える白メダカなら是非譲って欲しい人は毎年多いため、白メダカから引き取り先が決まっていきます。

大量に増えすぎて困ってしまうのが最初からわかっている場合、白メダカを優先的に飼育しておけば、引き取り手に困る事もなくて、毎年適切な個体数を自分で飼育する事ができますし、たとえ増えすぎても需要がある訳なので、無駄な個体が生まれる事もない様です。

個人レベルでメダカの飼育する場合は、最終的には白メダカがお勧めという事になりますね。



お勧め何でも電話相談→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

車を高く売却するなら→車を高く売る方法

スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme