ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

屋外水槽の台風対策|メダカの心配よりも水槽や建物の心配を!

現在、大型台風が日本列島を直撃しそうな勢いであり、本日から突発的に凄まじい雨が局地的に降っていますし、強風が吹き荒れたりしていますが、今夜くらいから本格的に日本列島上陸をすると天気予報で報道されています。

実際、どのような被害になるとかどのような進路を台風がとるのか、どれくらいの規模の台風であるのかなどについてはよく分かりませんが、台風が来るのが分かっているのであれば、事前に対策をおっておいて損はありません。

 

 

台風の対策を検討するのは屋外に設置している水槽のみ。

スポンサードリンク


 

この場合ですが、通常において室内水槽に対しては台風が来ようが竜巻が来ようが対策を行う必要はありませんので、屋外に設置している水槽のみを考えて台風対策を行うことになります。

万が一ですけど、室内に設置している水槽に対して、台風の影響が何かしら発生する可能性があるのであれば、それは建物自体に重大な問題がある可能性がありますので、そちらの対策から行った方がよろしいかと思います。

台風で水が溢れて建物が浸水するとか、建物が倒壊する恐れがあるとか、そうなっているのであれば、水槽よりも人命を第一に検討するべき話であり、水槽は二の次三の次でより訳ですからね。

 

 

建物に問題がない場合は水槽が壊れないかを心配します。

 

大型台風がやってくるのが分かっている場合、建物そのものが倒壊するとか浸水するとかでないのであれば、次にやるべきことは屋外に設置している水槽が壊れないか、ひっくり返らないかになります。

スポンサードリンク



たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


メダカやミナミヌマエビというのは、例え大雨が降って水槽の水が大量に溢れたとしても、そのような状況になった場合は水槽のそこでじっとして耐えるような知識を生まれもって有している為、特別な心配をする必要はありません。

それよりも、台風の風や物が飛ばされた際の影響で、水槽が破損するとかひっくり返るとかそちらの方が問題であり、万が一そうなった場合は、メダカもミナミヌマエビも確実に死んでしまいます。

例外で言えば、大雨で水槽がひっくり返ってもドジョウやウナギであれば水の流れを利用してそのまま近隣の河川などに移動する場合もありますけど、他の魚やエビではそのような移動は不可能です。

 

 

台風でメダカやミナミヌマエビが心配な場合は室内に移動させましょう。

 

大型台風がやってくるので屋外のメダカやミナミヌマエビが心配な場合、水槽さえ壊れなければ特に問題はないのですけど、心配な場合はダイソーで100円のバケツを購入してきて、その中に水槽の水を入れます。

あとは、屋外水槽のメダカやミナミヌマエビをネットですくってバケツに移動させて、そのまま自宅の玄関の中に入れておけば建物が壊れない限りはメダカもミナミヌマエビも全く安全で問題はありません。

餌に関しても、数日間くらいであれば与える必要はありませんけど、必要であれば普段よりもかなり控えめに餌を与えておき、台風が過ぎ去った後にバケツの水ごと水槽に移動させれば大丈夫です。

台風が来たから飼育しているメダカやミナミヌマエビが心配なのは分かるのですが、それよりも人命を最優先にして、田んぼなどにご家族が出かけないかを確認しておいた方が良いかもしれません。



おせちの予約なら→札幌グランドホテル監修 おせち特集

お勧め何でも電話相談→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme