ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

迷ったらエーハイム2213を買えば大丈夫|3000円で買えた時代

室内水槽の濾過フィルターと言えば、ご存知エーハイム2213が最も有名であり、価格と性能のバランスが大変良い為、日本でも最も売れていると言っても過言ではない位の、世界的に見てもベストセラーな濾過フィルターになります。

まあ、最も日本で売れている濾過フィルターの統計を取ると、セット水槽についている、投げ込み式の格安濾過フィルターである水作エイトになるのかもしれませんが、本格的な濾過フィルターに限定すれば、エーハイム2213がダントツです。

私も、一つの60cm水槽に3台のエーハイム2213を接続して運用しているのですが、相当水が安定しますので、飼育している魚やエビが寿命や病気以外で死んでしまうことはまずないと言っても良いくらいです。

スポンサードリンク


個人的にはものすごくおすすめでした・・・、過去形なのが気になりますか?

 

 

 

数年前なら1台3000円前後で購入できていた2213・・・。

 

エーハイム2213がものすごくおすすめだった理由の一つに、数年前は価格が異常に安かったといった話があり、数年前ならチャームさんのセールで新品のエーハイム2213が3000円前後で購入できていました。

セール時の正確な数字までは覚えていませんが、3980円?、3580円位が最安だった記憶があり、もしかしたら2211だったのかもしれませんが、2980円もあったような記憶があります。

その為、セールの度に必ずエーハイム2213を購入していて、倉庫に業者ですか?といった感じで沢山のエーハイム2213が山積みにされていた人もいたくらいなのですが、最近ではかつてのような値下げがされることはもう無くなりました。

あの性能で3000円前後で購入できたのですから、これをおすすめしない理由はないわけであり、現在のセールで7000円前後であってもお勧めが出来ない訳ではないのですけど、少々割高感がある訳です。

スポンサードリンク



たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


円高や円安、消費税の増税などによって、日本では全体的にあらゆる商品が値上げされてしまっている訳ですが、市場が小さいアクアリウム業界はその影響を最も受けやすい業界ですから、仕方がないと言えますね。

 

 

濾過フィルターに迷ったら2213をかっとけば大丈夫。

 

新しく水槽を購入する際に、濾過フィルターをどうしたら良いのか?、プラケースや金魚鉢でない限り、悩んだ場合はエーハイム2213を購入しておけば間違いはありません。

メダカやエビなど、60cm以下の水槽であれば、殆どの生き物に対応できる広い守備範囲を持っているのですが、残念ながらプレコの飼育だけは全く向いていませんので、プレコの場合は上部濾過フィルターを選択するようにしましょう。

プレコは想像以上に水を汚す魚の為、2213を使った場合は、相当な頻度で清掃メンテナンスをしないといけなくなります。

それが面倒になってアクアリウムをやめてしまったり、通常の周期でメンテナンスをしていると、いつの間にやら魚が全滅したりしてしまうこともあります。

それ以外の場合でしたら、問題なく2213を選んでおけば良いのですが、初期設定に関しては、初心者の方では分かりにくいとか、面倒臭いといった問題もありますので、次回では2213を買った際の初心者のデメリットについて書いてみます。

30cm水槽から60cm水槽の大きさの水槽であれば、プレコ系の飼育でない限りはエーハイム2213を選んでおけば良いですし、上部濾過フィルターのように水流でメダカやエビが死んでしまうこともありません。



おせちの予約なら→札幌グランドホテル監修 おせち特集

お勧め何でも電話相談→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme