ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

ヤマトヌマエビを繁殖させたい相談|実は相当な高難易度

メダカの飼育を始めてうまく育てるようになった後には、ミナミヌマエビの飼育と繁殖を成功させることになり、それなりにベテランになった人が次に考えるのが、次にヤマトヌマエビの飼育と繁殖になる事もよくあります。

ヤマトヌマエビというのはミナミヌマエビと同じく、どのペットショップやホームセンターにいっても必ずと言っていいほど売られていることが殆どであり、価格もミナミヌマエビよりも少し高いくらいの庶民的なエビです。

 

 

ヤマトヌマエビはその大きさに比例して結構凶暴なのです。

スポンサードリンク


 

ミナミヌマエビの大きさは結構大きいですから、最初は飼育を躊躇してしまう人もいるのですけど、ある程度飼育に慣れてくるとミナミヌマエビよりも大きいヤマトヌマエビの飼育をしてみたいと思ってもおかしくありません。

ただ、ヤマトヌマエビはその大きさから見ても分かる通り、かなり気性が荒くてメダカやミナミヌマエビを襲って食べる事もありますし、水草も食べてしまうことがありますから、他の生き物と同じ水槽で飼育する際には注意が必要になります。

逆に、ファハカのような巨大な淡水フグと同居させた場合は、アメリカザリガニですらバキバキ食べてしまう強靭な顎と歯を持つフグですから、ヤマトヌマエビはあっさりと餌になります。

普通に飼育する分にはあまり問題になることはありませんが、一応ヤマトヌマエビの飼育を始める前に、メダカやミナミヌマエビと同居させるとトラブルになることは覚えておくと便利ですが、90cm以上の水槽の場合は殆ど問題になることはありません。

 

 

ヤマトヌマエビを繁殖させてみたいけどどうなの?

 

そんな感じで、ある程度メダカやミナミヌマエビの飼育や繁殖が当たり前のようにできるようになると、同じ売り場でよく見かけていた日本原産のヤマトヌマエビの飼育と繁殖を始めたい人がでてくるわけなのですが、実はヤマトヌマエビの繁殖の難易度は相当高い事を知っておくと便利です。

スポンサードリンク



ミナミヌマエビの繁殖が簡単に安定してできるようになったからといって、ヤマトヌマエビの繁殖も同様にできるようになると思ったら大変な勘違いですし、頑張ったらこれまでと同じような環境と知識でできるものでもないことは知っておいたほうが良いですね。

なぜなら、ヤマトヌマエビが抱卵している姿を見たことがあれば直ぐに分かるのですが、卵が異常に小さくてそれは沢山お腹にぶら下がっているのですけど、ミナミヌマエビよりもはるかに大きいのにその卵は小さい訳なんですね。

その卵が小さいということは生まれてくる稚エビも小さいということなのですけど、ミナミヌマエビの卵よりもはるかに小さいヤマトヌマエビの卵から生まれてくるのは実はチエビではなくてゾエアと呼ばれるプランクトンになります。

 

 

ゾエアの飼育と繁殖は大変難易度が高くなります。

 

ゾエアは本当に小さくて、汽水域でしか生きていませんので、クローズドの淡水水槽でいくらヤマトヌマエビを育てて産卵させても個体数が増えることはまずありませんので、あらかじめゾエアを育てることができる環境を用意しないといけません。

このゾエアの飼育と繁殖については、その難易度がいきなり高くなりますから、メダカやミナミヌマエビの飼育と繁殖に成功したからといって誰でも直ぐにできるものではありませんので、かなり勉強と研究を重ねた後、それなりのコストをかけて飼育と繁殖を行うことになります。

興味がありましたら、ヤマトヌマエビの飼育と繁殖にチャレンジしてみるのも良いかもしれませんし、こちらの繁殖に成功するくらいの知識と経験があれば、水産試験上クラスの飼育と繁殖にチャレンジできるレベルですから大抵の飼育と繁殖はノープロブレム状態になりますので、一度はやっておいても損はありません。



オーダーメイド水槽を購入する

車を高く売る方法

スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme