ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

白メダカの飼育がお勧めな理由|増えすぎても引き取り手が多い

初めてメダカの飼育を検討する場合、どのようなメダカを飼育すれば良いのかといえば、白メダカと呼ばれている名称そのままの白いメダカの飼育をするのが一番お勧めになります。

ただし、白メダカは確かにお勧めなのですが、他のヒメダカ等と比較して耐久性に劣る部分が多く、結構初心者の方は飼育に失敗してしまう人もいらっしゃいますので、ヒメダカの飼育と繁殖に慣れた状態での飼育がお勧めになります。

 

 

初心者が白メダカを飼育すると早い段階で死なせてしまう人が多い。

スポンサードリンク


 

実際に白メダカを飼育してみれば分かりますが、初心者の方はかなり早い段階で死なせてしまう人が結構いて、他の色のメダカよりも飼育が難しいイメージになっている感じですから、最も強いとされるヒメダカの飼育と繁殖からチャレンジするのがお勧めです。

大量に商品として流通しているヒメダカの飼育に関して言えば、他の価格の高いメダカと比べても本当に楽ですけど、ある程度飼育に慣れている人であればどのメダカを選んでもそれほど難しい訳ではありません。

インペリアルゼブラプレコであるとか、ネオンテトラの飼育や繁殖と比較すれば、メダカの飼育は大変難易度が低くなっていますので、濾過とか餌、照明や水質管理についてある程度の知識と経験があればメダカの飼育はとても簡単です。

 

 

大量にメダカが増えすぎた時に白メダカは引き取り手が大変多いのです。

 

ある程度飼育に慣れている人であれば白メダカを飼育するのが一番お勧めになるのですが、その理由というのが、メダカが大量に増えすぎた際に白メダカというのは引き取り手が最も多いからです。

白メダカはヒメダカよりも高価であることが多いのですが、他にも更に高額なメダカもいて、そちらのメダカを飼育した方が良いのでは?と思うかもしれませんが、高価=欲しい人が多いではありません。

確かに、メダカの飼育をしている人であれば、1匹1000円前後で取引されているラメ入りのメダカなどは喜んで引き取り手になるかもしれませんが、世の中の人の多くが別にメダカの飼育をしている訳ではないという訳ですね。

何しろ、飼育環境によっては毎日数百匹単位で増えるとか、数千匹単位で増えるのが当然のようなメダカ達ですから、増やそうと思ったらいくらでも個体数を増やすことが出来ますので飼育者次第では管理不能なくらいのメダカの稚魚が誕生してきます。

 

 

飼育者の性格によっては必ず卵を隔離して育てる人もいるのです。

 

その飼育者の性格によっては、できるだけ多くの卵を孵化させてメダカの稚魚を育てたい人もいらっしゃるでしょうから、その場合はどれだけ余裕がある人であっても飼育することが出来るスペースに限界があります。

スポンサードリンク



だったら、ワザワザ卵を隔離して、メダカの稚魚を増やすのはやめれば良いと思うかもしれませんけど、この辺りはその人の性格に依存する部分ですから、第三者が見て疑問に思ったところでどうにもなるものではありません。

そうなることが事前に分かっている人であれば、増えすぎたメダカをどうすれば良いのか?を事前に考えると、誰かに売るか譲渡する、もしくは大型の魚の餌にすると言った選択肢が思い浮かぶことになります。

出来れば、誰かに販売をした方が利益になる訳ですから良いのでしょうけど、メダカを販売して利益を出そうと思ったら相当な個体数を扱うことになりますので、なかなか難しい部分も多く、誰でも簡単に増やせる魚ですから競合も多い為、赤字になってもいい人以外はあまりお勧めできません。

 

 

 

インペリアルゼブラプレコなら1匹5000円前後で安定して売れます。

 

インペリアルゼブラプレコでしたら、増えすぎても1匹5000円前後で稚魚が売れる為、趣味レベルでも結構な利益になりますし、誰でも簡単に繁殖させることが出来る魚ではないので、希少価値も安定していますが、メダカはそうではありません。

メダカの場合は、増えたら売るではなくて、欲しい人に譲渡するような考えていた方があとあとストレスなどもたまりませんし現実的ですから、欲しい人がいれば増えたメダカを差し上げると喜んでいただいてコミュニケーションアップにもつながります。

その際にメダカの飼育などにあまり関心がない人達が一番興味を持ってくれるのが白メダカであり、白メダカを差し上げますと話せばあまり面識がない人でも結構興味を持ってくれることが多いですから、増えすぎても白メダカであれば、引き取り手がいなくて困ることもない状態にはなりにくいといえます。

その為、多くのヒメダカのように大型熱帯魚の餌として引き取られるのではなくて、飼育用のメダカとして他の場所で子孫を残して繁殖していく流れになることが多いですから、飼育者としてもそちらの方が良いことが多いと言えます。

 

 

日本料理店の店先の水場で泳いでいるのは白メダカが圧倒的に多い。

 

日本料理店などの店先に大きな壺とか水場が用意されていることがよくあるのですが、そこをみると白メダカが泳いでいる光景を目にすることが多いですから、いろいろな場所で白メダカの需要はある為、白メダカ飼育しませんか?と一声かけてみると良いかもしれません。

いつも利用している飲食店のオーナーさんなどでも、白メダカどうですか?と声をかけると、是非譲ってくださいとスムーズに話が進むことがありますけど、これがヒメダカだと・・・うーん・・・といった回答になる感じですね。



お勧め何でも電話相談→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

車を高く売却するなら→車を高く売る方法

スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme