ミナミヌマエビ飼育研究所

自宅で大繁殖させてみよう

4月になると金魚がいなくなる事件が多発|要注意

ここ最近、飼育している金魚が突然水槽からいなくなったと言った連絡を頂くことが大変多くなっているのですが、その飼育環境は100%の確率で屋外に設置している蓋のない水槽になります。

室内に設置している水槽であれば、金魚がいなくなった話は聞いたことがありませんし、屋外であってもガラス水槽を設置して蓋をしているような環境の場合は金魚がいなくなることはまずありません。

 

 

簡単な対策をしてこなかった人だけが全てやられている現状。

スポンサードリンク


 

現時点で、屋外に水槽を設置していて金魚の飼育をしている方は、今すぐでも良いので対策をしておいた方が良いのですが、こちら何度も説明しても全く対策をしなかった人が殆どやられているのが現状です。

これまで、何も問題がなかったからとか、そんな面倒なことはしたくないとか、そのうちやりますので・・・といった感じですから、それではもしもの時には手がつけれなくなるので、どうにもならなくなります。

もし、簡単な対策をしていない人がいましたら、今すぐにでも金魚がいなくならないような対策を取られた方が良いですし、それができないのであれば、室内環境に金魚を移動させておいた方が無難と言えます。

 

 

金魚はなぜ4月になると突然水槽からいなくなるのか?

 

4月になると金魚は一斉に産卵活動を開始する訳ですが、暖かくなり他の生き物も活発的に餌を探し始める時期であり、この時期は見境なく獲物を追い求めるため、小さな水槽で目立つ金魚は格好の餌になるのです。

金魚を狙うのは、野良猫、サギ、イタチなどの大型の哺乳類や鳥であり、メダカのようにヤゴやタイコウチなどに狙われることはまずありませんが、哺乳類や鳥に一度でも目をつけられると、全滅するのは時間の問題になります。

スポンサードリンク



この場合、金魚がいなくなって犯人がわかったとしても警察に被害届を出すこともできませんし、居なくなった金魚は餌として食べられていますので戻ってくることもありませんから、どうにもならない状態になるのです。

簡単な予防方法で金魚を守ることができる訳ですし、これまで全く問題がなかったから別に構わないと言っている人たちが順番にやられている現状を察するにして、早めに対策をしておいた方が無難ではないでしょうか?

 

 

金魚が水槽からいなくなるのを防ぐ簡単な方法について。

 

金魚が水槽から突然いなくなる殆どの原因が、天敵に狙われて餌として食べられてしまうからであり、その天敵が金魚を襲えないような環境を作るだけで、まず狙われることはありません。

その方法とは水槽に蓋をすることであり、蓋をするだけで金魚は安定して水槽で生きていくことができますし、鳥よけのネットで囲っても構いませんが、金魚の場合は100円ショップで売っている、鉄の網を水槽の上においているだけで大丈夫です。

水槽をネットで囲ってしまうと、金魚の場合は餌を与えるのが面倒であったり、太陽の光がうまく水槽に届かないなどのデメリットがでますので、家具として扱われているダイソーの鉄製の100円の壁にかけるネットなどを水槽の上に並べておくのが結構便利です。

ホームセンターなどに行けば、多分似たような商品が沢山ありますので、要は水槽の上側を鉄の網やネットでガードできれば良いだけですから、適当に炭焼き用のネットを購入しても構いません。

あとは、ネットの上に重りになるものをおいておけばイタチやサギではどうにもなりませんから、金魚がいなくなることもなくなるという訳です。

ヒグマや白熊が自宅前にやってきて金魚を襲うのでしたら、ネットや網ではどうにもならなのでしょうけど、野良猫やイタチ、サギなどの場合は、簡単な方法で金魚を天敵から守ることができるので、対策は取られておいた方が無難と言えます。



お勧め何でも電話相談→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

車を高く売却するなら→車を高く売る方法

スポンサードリンク





ミナミヌマエビ飼育研究所 © 2015 Frontier Theme